こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

うめきた二期地区の事業者に三菱地所他企業グループを選定 

umekita2-1.jpg

ヴィーナステラスを眺望点とする都心部建物に対する高さ規制導入に反対される方はこちらをクリック

神戸市に提出する為、皆様からの反対意見を募集しています。署名でなく、皆さんの具体的なコメントだからこそ力があります。あと150名までもう少し!よろしくお願いします!



都市再生機構及び関係各社が一斉に大阪駅北側の再開発エリア「うめきた二期」地区の開発事業者として三菱地所を代表企業としたJV9社の企業連合を選定したと発表しました。三菱地所、阪急電鉄、積水ハウス、オリックス不動産、関電不動産開発、大阪ガス都市開発、竹中工務店等、そうそうたる顔ぶれの企業が名を連ねており、さすがは関西最後の一等地と呼ばれるだけあります。開発条件として、約16ヘクタールの開発エリア面積の内、中央部の4.5ヘクタールは緑地とする事が義務付けられており、南街区と北街区に分けてそれぞれに高さ180m前後の超高層ビル3棟と150mの1棟、合計4棟の超高層棟が林立し、オフィス、ホテル、MICE施設、住宅、商業施設、イノベーション施設等の複合機能が盛り込まれながらも緑豊かで潤い溢れる巨大な都市空間が生まれます。

umekita2-2.jpg

すでに地下空間ではJRの新駅が整備中で同駅には阪急や新線なにわ筋線も乗り入れる計画とされ、新大阪や関空の結節点となる交通ハブとして、エリアの求心力を更に高めつつ、都心の超一等地の利便性を活かしながら梅田という全国屈指の巨大な都心ターミナル開発の1つの総仕上げとしても相応しい大プロジェクトが進みます。2020年に着工、2024年に街開きと共に一部の施設が供用を開始する予定です。

umekita2-3.jpg

先行したグランフロントと合わせたうめきたエリア全体のインパクトは巨大です。都心部に緑の少ないと言われてきた大阪の最重要開発拠点にこれだけ大きな緑地を整備しつつ、建物の超高層化でオフィス、ホテル、住宅の床もしっかり確保します。

これから整備と完成に30年も掛かる三宮クロススクエアは6年後に街開きが行われるうめきたに対して遠く霞んでしまいそうです。神戸市が公募を開始している雲井通5丁目のバスターミナルビルI期の事業協力者ですが、アドバイザー案の募集でも三菱地所を代表とした企業グループが優秀プロポーザルを提出しましたが、うめきたと同時期に開発が進むこの計画への興味を失い、大阪に注力するような事にならないか心配です。

大阪はグランフロントでもそうでしたが、この超一等地の開発においても業務・商業一辺倒にならずに住宅開発も許容しています。業務機能と居住機能の双方を配して人を集めるバランス戦略で、超高層棟の半分はタワーマンションとなります。神戸も三宮駅半径500m以内のタワーマンション禁止という大雑把で面的な規制ではなく、主要業務地区や大通りに面したエリアでの規制に限定するべきです。そして住宅増加による賑わい減少の防止を狙った規制なのであればタワーマンションだけを狙い打ちにするのではなく、通常の分譲マンションや賃貸住宅も対象とするべきです。

これまで神戸市が導入もしく検討している規制はどれも場当たり的でその狙いに何の計画性や戦略性もありません。例えば超高層ビルの林立する横浜のみなとみらい地区にも当初から高さ規制が導入されていますが、これは同地区のスカイラインを計画的に形成していくことが目的です。規制というのは街のグランドデザインがあって、街の成長や発展がそのデザイン通りに実現していくように課すものであって、何の具体性や計画もなく、手当たり次第に出る杭を打つ規制は街の発展にとって単なる阻害にしかなりません。

神戸さしさとは何なのか?海も山も見えるが、衰退した古臭い中途半端な街でしょうか?市内外の若者に選ばれる街、国内外の企業が進出を検討したい街、国内外の観光客が訪れたい街とは自由で活気のある都市です。山の稜線が見えても海上の水平線が見えても街のブランド力は向上しません。ましてやそれらが見えなくなってもブランド力は減退しません。神戸の神戸たる姿とは山と海という大自然の狭間に洗練された先進都市が存在するというそのギャップが人々を魅了してきたからこそ全国の羨望を集めたのではないでしょうか。全国には海も山も近くにありつつ、かつて栄え、そして衰退して寂れた都市ならいくらでもあります。

景観という切り口で見た神戸は寧ろ遠景に優れています。山と海の間に高層ビルが林立しているからです。それらによって街に立体感があるからです。問題なのは近景です。古く小さい建物が所狭くひしめき、特に目立つ主要駅の周辺ほど醜悪な景観が広がります。神戸が景観的にどうにかしなければならないのは遠景ではなく、近景です。

うめきた二期地区は三宮クロススクエアが逆立ちしても届かない緑豊かでゆったりとした開放感溢れる先進都市へと変貌を遂げます。バスターミナルビルの事業協力者からの提案もうめきた程ではないものの、先進性溢れる神戸の新しい拠点としての機能が満載である事に期待したいと思います。

category: 大阪

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/14 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 19

go page top

梅田1丁目1番地ビル計画(仮称)I期工事 

umedahanshi12.jpg

阪神百貨店梅田本店のある大阪神ビルと隣接する新阪急ビルを共同で建て替える大規模再開発プロジェクト「梅田1丁目1番地ビル計画(仮称)I期工事」。地上38階 地下3階 延床面積約260,000平方メートルの巨大ビルで阪神百貨店梅田本店とオフィス、ホールから構成されます。現在、関西で行われている再開発で最大規模となる計画です。I期工事は新阪急ビルと大阪神ビルの東側一部を集約して建て替え、阪神百貨店がこの春に先行開業を予定しています。

H2Oリテイリングは現在、この建て替え開発に集中していますが、阪神百貨店の先行開業を無事に終わらせた暁には、昨年10月に傘下として組み入れたそごう神戸店の建て替えについても検討を開始する可能性について示唆していました。よってこのI期工事完成は三宮にとっても重要な意味合いを持っています。

umedahanshi13.jpg

先行部分の西側の一部に塔屋のような奇妙な突起的構造物があります。これはII期で建設される高層部の一部です。これより上層階は関西最大級のオフィスフロアとなります。

umedahanshi15.jpg

阪神百貨店のアール部アップです。アルミカーテンウォールの上から更にカーテンウォールを取り付けている凝った造りです。

umedahanshi16.jpg

旧新阪急ビル部と大阪神ビル部を隔ていた市道を跨ぐようにして新ビルが建設されました。天井は化粧パネルで覆われて照明が付きました。道路も供用されています。かなり格好良いです。そごう神戸店の建て替えでも本館と新館の間を隔てる道路を跨いで建て替えが進められる可能性があります。市道廃止による建物の一体化が最も理想的ではありますが。

umedahanshi19.jpg

2階部分の外縁部には駅前の歩行者デッキと連結する空中回廊が整備され、建物南側でエスカレーターに接続します。

umedahanshi17.jpg

御堂筋に面した低層部は完成間近で仮囲いも撤去されており、外構工事が進んでいます。

umedahanshi18.jpg

ビル前の歩道もリニューアルが施されており、植栽が進みます。

umedahanshi20.jpg

地下街のホワイティ梅田と接続する建物地下階の一部である通路と階段は供用が開始されており、最新ビルとしての洗練性やデザイン性の高さを実感します。

umedahanshi21.jpg

阪神百貨店、阪急百貨店、JR大阪駅を結ぶ歩道橋もリニューアル工事が進められています。再塗装以外にあまり歩道橋を改修する例は無いかと思いますが、この改修工事は構造自体には手を付けないものの、外装部は完全に付け替える他に類を見ない大規模なリニューアルです。

umedahanshi22.jpg

完成後には知らない人が見れば完全に新設された歩行者デッキと思うでしょう。今後、JR三ノ宮駅と雲井通6丁目の再開発ビルを結ぶ歩道橋もかなりくたびれていますので、このリニューアルを参考とした改修を検討して欲しいと思います。また税関前や波止場町の歩道橋でも渡りたくなるデザインの参考として検証してみても良いかもしれません。

umedahanshi14.jpg

まだI期部分の先行開業日は発表されていませんが、GW前の4月末位なのではないかと予想します。I期部分の開業後、残りの大阪神ビル西側の解体に着手し、II期部分の建設に入ります。全体の完成は2022年の予定です。

阪急阪神はつい先日、新たな大型再開発計画を発表しました。千里中央の阪急百貨店千里店と隣接する専門店街セルシーを集約して10万平方メートル級の大型商業施設に建て替えます。千里地区は北摂と合わせて人気ベッドタウンです。千里ニュータウンの建て替えも進行しており、若い世代の流入も多く、タワーを含むマンション建設も旺盛です。大成功を収めた西宮北口の西宮ガーデンズに倣って二匹目のドジョウを狙う戦略かと思われます。

そごう神戸店の建て替えはこの千里中央の開発と同時平行で進めるのかそれともその後になるのか。神戸阪急ビルの建設も進む中、阪急阪神は大型不動産投資にかなり積極的です。

category: 大阪

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/03/08 Thu. 09:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 4

go page top

JR大阪駅周辺の風景に重ねる三宮の未来 

umedakita01.jpg

JRや阪急の駅ビル、そごう建て替え、バスターミナルビル、市役所建て替え、三宮クロススクエア構想等が目白押しの三宮再開発は大阪、京都に遅れたからこそのメリットを活かして臨む必要があります。最新を摂り入れられるのと同時にデメリットの部分も修正してより完成度の高い仕上がりを可能にするのが後発のメリットです。

JR大阪駅北側の貨物駅跡地で進められている大規模再開発は完成済のグランフロントを第I期、地下に鉄道新線・駅の整備、敷設と敷地に大幅な緑地の導入を柱とした地上部の開発を第II期として、今後も大きな変貌を遂げていく予定です。

JR駅ビル「大阪ステーションシティ・ノースゲートビルディング」やグランフロントの間にある駅前のうめきた広場の様相から10年後の三宮を重ねて観察してみました。

umedakita04.jpg

JR大阪駅の北側は車を完全にシャットアウトした訳ではありませんが、駅前にロータリーは設けず、歩車分離を徹底しています。よって歩行者空間がメインの造りとなっており、歩行者の車道横断は最低限です。

駅ビル中央部には大きなアトリウム空間が設けられており、地下、地上、上層階の回遊性と賑わいを創出する「ボイド」となっています。これは三宮の新ターミナルビルにもぜひとも採り入れて欲しい機能です。

三宮の新駅ビルで難しいのは、建物の正面がどこに設定されるのかです。三宮交差点に面する南側角が正面というのは無論の事ですが、南北の縦型に再編されるタクシープールに面したビル東側もミント神戸と向き合った正面という位置付けもできます。

umedakita03.jpg

グランフロント前のうめきた広場は親水空間も多く採り入れられています。三宮クロススクエアのイメージパースでも人工の小河が流れていたりする様子が描かれていますので、イメージ的にはグランフロント周辺の現在の様子に近い光景となるのではないかと思われます。

umedakita05.jpg

うめきた広場に植樹された立派なイチョウの木です。葺合南54号線のイチョウは枝を短く切られて何とも貧相です。これくらい伸び伸びとさせて欲しいですね。

umedakita02.jpg

グランフロント南館の低層部は緩やかな曲面を描いたモダン且つ格子状のマリオンを重ねてクラシックさも醸し出した建物ですが、そごうの建て替えや神戸マルイのある三宮交差点南西街区にもこうした重厚感のある低層部とセットバックされた高層部を組み合わせた建物が1つの方向性として示されています。

umedakita06.jpg

JRノースゲートビル1階に整備されたバスターミナル。縦列式に14バースが整備されています。規模的にも雲井通5・6丁目地区に整備されるバスターミナルよりほんの少し小さい位でしょうか。イメージ的には奥側がミント神戸のある西側で、コンフォートホテルが建設中の雲井通4丁目側から眺めたバスターミナル内の様子です。

umedakita09.jpg

西梅田の再開発、ヨドバシ梅田の進出を経て、JR駅ビルを皮切りに一気に動き始めた梅田開発は百貨店の建て替え、老朽ビルを最新の超高層ビルへ更新、そして梅田貨物駅の再開発と面的な広がりを見せています。更にはこれらに触発されて茶屋町も独自の進化を遂げてきており、変貌の歩みを止める気配はありません。

大阪神ビル、大阪中央郵便局と並んで構想開示から長年に渡って具体的に計画が進んでいなかったプロジェクトの1つであったヨドバシ梅田の北側の開発用地。ようやくヨドバシカメラが着工を決定。商業施設とホテルから構成される地上34階建ての超高層複合ビル「ヨドバシ梅田タワー」の建設に乗り出しました。

umedakita07.jpg

周囲が大規模再開発によって著しく変化して行く中、取り残され気味になっていたのが、芝田地区。老朽化した狭小ビルがひしめき合っているエリアですが、ここでも建て替えや土地の集約化は進み始めているようです。竣工したばかりのOSAKA UK GATE(写真右の黒いガラスビル)は新梅田ビルを建て替えたものですし、現在目下、建設中(写真左奥)はJR西日本が計画しているビジネスホテルで地上8階建、延床面積は約1万4千平方メートル、約400室を提供します。今後もエリア内の建て替えや再開発は加速していくものと思われます。

三宮も北側に老朽化した狭小ビルが密集しています。駅周辺の大規模再開発が進行していく中での更新が期待されます。

umedakita08.jpg

梅田周辺では大規模再開発ビルの建設と共に歩行者デッキのネットワークの再編・再構築が進められています。特にこれまでJR駅ビルやヨドバシ梅田周辺では歩行者が不自然な程、不便な動線を強いられていましたが、この改善の為に大阪駅周辺一帯で新たなデッキ設置工事が進行中です。

umedakita10.jpg

再編された市バス専用ターミナルです。JR大阪駅前ではタクシー、市バス、高速バスを完全にその用途に分けて三つのターミナルを別々に整備しています。

三宮の市バスは方面によって駅周辺に分散しており、使い慣れた人は苦にはならないでしょうが、新たな利用者は使い勝手が悪いので敬遠しがちです。一定の集約は必要でしょう。

umedakita13.jpg

大阪市は駅前の東西地下道の拡張とリニューアルを進めています。これまで約8mだった歩道は倍の約15mに拡幅されます。また既存の歩道橋を改修して化粧直しを実施しています。

umedakita12.jpg

かなり大規模な工事です。大阪市は順次、駅前周辺エリアの広場と歩行者ネットワークの刷新を進めています。

umedakita14.jpg

新たに整備された歩行者デッキです。神戸のデッキとは異なり、屋根が付いているので天候に左右されずに移動が可能です。ただ三宮は駅前から車を排除する方向なので、今後、三層ネットワークも空中部分の必要性があまりなくなるのではないかと思います。

神戸と異なるのは大阪の場合、周囲の民間ビルが次々と自主的に建て替えや再開発を進めており、大阪市はそれに合わせて駅前周辺のインフラ整備やリニューアルを実施しているという事です。民主導官追従の開発です。

umedakita11.jpg

三宮の駅前に誕生するクロススクエアはうめきた広場以上の規模となる歩行者空間です。開放感は素晴らしいものになるはずですし、他の大都市とも一線を画す駅前になる事でしょう。そして広場を囲むビル群も玄関口に相応しい風格を持った建物への更新が行われます。梅田程の規模を望むのは難しいとしても、次代の神戸に相応しい街への変貌が始まります。うめきた広場周辺はそんな未来の三宮を想像させてくれる上質な空間です。

category: 大阪

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/19 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 37

go page top

梅田1丁目1番地ビル計画(仮称)のI期工事 

umedahanshi01.jpg

先日久しぶりに休日に梅田を訪れ、多少の時間があったので取材撮影を行いました。大阪を取材対象としたのは大阪ステーションシティの開業時以来なので、実に6年ぶりとなります。梅田は関西のまさに中枢である最重要拠点として常に進化を遂げる事を義務付けられている場所ですが、ここずっと取材を試みたいと思ってきたプロジェクトがありました。

umedahanshi07.jpg

それは阪神百貨店梅田本店のある大阪神ビルと隣接する新阪急ビルを共同で建て替える大規模再開発プロジェクトです。

umedahanshi00.jpg

まずはこの計画の概要から。2つの建物を集約化して1棟とし、百貨店、オフィス、カンファレンスホールから成る地上38階 地下3階 延床面積約260,000平方メートルの巨大な超高層複合ビルとなります。工事は二期に分かれており、まずI期目に新阪急ビルと大阪神ビルの東側の一部を解体して、高さ80mの商業棟を建設。阪神百貨店は大阪神ビル西側にて営業を継続し、I期部分が完成後に、新ビルに移転。II期は大阪神ビル西側を解体後、商業棟の西側を建設して、東側と連結一体化。その上にオフィスとなる高さ190mの高層棟を構築して、最終的に2022年に竣工を迎えるという計画です。

今回、このプロジェクトを取り上げた理由が、この計画の進捗がH2Oリテイリングによるそごう神戸店の建て替えと密接に関係している可能性が高いからです。同社代表の鈴木篤社長は早ければ、そごう神戸店の建て替え検討を2018年春から開始する事を示唆しています。これはこの梅田の計画のI期工事が完了し、阪神百貨店が新築ビルで部分開業を行う時期と重なります。

従ってこの計画が順調に進む事が神戸のプロジェクトの行方を左右するとも言えるのです。

umedahanshi05.jpg

この大規模再開発計画は梅田1丁目1番地計画と名付けられ、竹中工務店単独のの設計施工で進められています。梅田の超一等地で進行しているこの一大プロジェクトは、その規模だけでなく様々な点で注目を集めています。

umedahanshi11.jpg

低層部は元々、規模の大きな建物2棟を集約によって一体化しているので、その巨大さはまさに圧巻の一言に尽きます。御堂筋からでは正面から捉えようと思っても、大き過ぎで画角に収まり切りません。

umedahanshi03.jpg

阪神百貨店の新しい梅田本店となる低層部は角度を付けた特徴的なカーテンウォールを纏い、向かい合う同じくH2Oグループ内の阪急梅田本店とは一線を画すデザインとなっています。

umedahanshi02.jpg

地下2階-地上9階に延床面積約10万平方メートルで阪神百貨店が開業します。11階にはスカイロビーやコンファレンスゾーンが整備され、12-38階に基準階面積が4,500平方メートルに及ぶ西日本最大級の巨大なオフィスゾーンが誕生します。

注目点はこのビルの建設地は国の都市再生特別措置法に基づく「特定都市再生緊急整備地域」に指定されており、このお蔭で容積率は史上最高の2000%への緩和が認められました。

umedahanshi06.jpg

また二つ目の注目点として、大阪神ビルと新阪急ビルを隔てていた市道を跨いで新ビルが建設されています。これも特定都市指定による規制緩和の1つとして認められた措置です。道路上空を有効活用し、不動産価値を高めます。

三宮の駅前周辺地区もこれらの規制緩和措置を受けられるようになりましたので、そごう神戸店の建て替えでも同様の措置実施が期待できます。この道路上空活用はそごうだけでなく、日生三宮駅前ビルとアイング三宮パーキングの再開発における建物一体化での採用を個人的には求めています。

umedahanshi08.jpg

営業中の大阪神ビル西側です。スケジュールが順調に進めば、来春には解体が開始される運命です。

umedahanshi09.jpg

この巨大プロジェクトも構想が明らかになってから、実際に着工に至るまで複数年の時間を要し、半ば、都市伝説化仕掛けていました(大阪中央郵便局跡地が今や同様になってしまっていますが)。

来春、阪神百貨店が新店舗で開業すると、H2Oとしてはまずはひと安心出来るという事でしょう。神戸に視線を向ける余裕が出てくるはずです。

umedahanshi10.jpg

翻って阪急。やはり三宮には阪急でなくてはなりません。この本店を見上げて単純にそう思いました。

umedahanshi04.jpg

10年ほど前までは西梅田を除けば、梅田の駅前周辺は三宮同様に老朽化した建物が多く、東京と比較して、関西の中枢を担う拠点としては物足りなさがありましたが、この10年で劇的な進化と変貌を遂げました。その風格は他を圧倒します。東京駅、名古屋駅、大阪駅の駅周辺はそれぞれが三大都市に相応しい景観形成と一等地としての高度利用が図られています。三宮がこれらに匹敵するのは難しいとしても、今後の開発で何処まで迫れるのか。その要素はすでに出揃い始めています。

梅田1丁目1番地ビル計画については今後も定期的に進捗を追っていきたいと思います。

category: 大阪

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2017/09/06 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 10

go page top