ポートアイランドII期

岩谷産業がポーアイII期エリアに進出 水素エネルギーの発信拠点となる新研修所を建設



LPガス、カセットコンロやガスボンベ等のガス用品を製造・販売する総合エネルギー会社の岩谷産業株式会社がポートアイランドII期エリアに進出する事が発表されました。

同社は水素エネルギーの発信および次世代に向けた人材育成拠点となる新研修所を建設する予定です。



進出予定地は神戸市中央区港島南町4丁目で、スーパーコンピューター富岳の入る計算科学研究所の西側となる敷地面積10,065.80平方メートルの土地です。



同研修所は、水素の利活用を通じ脱炭素社会の実現に向けた発信拠点とするとともに、水素エネルギー事業の推進に資する多様な人材の育成を目指す施設として、来月着工、2024年10月の完成を予定しています。

施設の規模等は示されていませんが、大林組が設計、施工を担う予定です。イメージパースから低層部が研究・研修センター、上層4フロアが宿泊施設と思われます。



神戸市は、「水素スマートシティ神戸構想」を推進しており、同社や川崎重工等が中心となって、神戸空港島に技術研究組合「HySTRA」の液化水素の受け入れ基地を建設しました。

新研修所の建設によって今回の同社を含めたさらなる水素関連事業の推進が期待されます。

関連記事
ポートアイランドII期

県立こども病院と弘貴第3ビルの建設状況

2015年6月14日
こべるん ~変化していく神戸~
ポートアイランド2期地区で建設中の兵庫県立こども病院の現況です。躯体は完全に出来上がり、内外装の仕上げに工事の軸は移っている状況です。養生ネットと足場で増量している分を差し引いても …
ポートアイランドII期

理化学研究所・融合連携イノベーション推進棟

2015年2月12日
こべるん ~変化していく神戸~
理化学研究所がポートアイランド2期地区で建設中の新施設「融合連携イノベーション推進棟」。3月末の完成を目指し、最終仕上げ工程に入っている気配を確認してきました。鉄骨8階建、延床面積 …
ポートアイランドII期

(仮称)オープンイノベーション拠点ビル新築工事 本格着工 杭工事が進行中 スタートアップ500のベンチャー拠点へ

2019年7月30日
こべるん ~変化していく神戸~
来月に撤去される予定のスパコン・京コンピュータの入る理研の計算科学研究機構にほど近い現場で建設の進む(仮称)オープンイノベーション拠点ビ …

POSTED COMMENT

  1. めがねのおやじ より:

    純粋な水素エネルギーとは関係ないかもしれませんが、今、世界の自動車動力機関はガソリン/ディーゼル車からハイブリッド車、P-HV、そしてEV車へと潮流は変わって来ています。しかし、欧州や中国、韓国で本命視されているEVは、まだまだ改良の余地が多く、長距離走行が出来ない事や発火の危険性等で不安視されてます。

    ところがトヨタは水素エンジンの開発に成功しました。パワーユニットとして見向きもされなかったのに、HV車ばかり作っていたトヨタは欧州勢からバカにされてましたが、こんな秘密兵器があったんですね。水しか使わない究極の地球に優しいクルマです。
    私は化石燃料のガソリン車、HV車、P-HV車、EV車、水素車、いろんな選択があっていいと思います。

  2. kingi より:

    水素事業の一大拠点になると良いですね
    これは素晴らしいニュースですね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です