こべるん ~変化していく神戸~
ポートアイランドII期

竣工したトーカロ新本社屋

tocaro23.jpg

ポートアイランドII期で建設されていたトーカロの新本社ビルが竣工し、8月21日に稼働を開始しました。地上4階 延床面積約5,000平方メートルで東西に細長い形状の建物です。

tocaro22.jpg

金属表面処理加工の大手企業である同社は東証1部に上場しており、4期連続増収増益を達成する好調経営を維持しています。売上高は289億6,300万円、経常利益58億円、純利益は40億7,000万円。



新本社敷地は6,000平方メートルあり、北側を駐車場、南側を庭園と公開空地としています。

tocaro24.jpg

建物南側のエントランスアプローチです。

tocaro25.jpg

南側の公開空地です。かなりの面積があり、お金が掛かっています。

tocaro26.jpg

和のテイストを盛り込んだ庭園です。

tocaro27.jpg

西側に車寄せが整備されました。

tocaro21.jpg

ファサードには曲面を描くように設置されたアルミカーテンウォールを採用し、外縁部は艶のある漆黒のパネルで覆っています。デザイン性の高いオフィスビルになるとは思っていましたが、完成した建物は期待を越える仕上がりとなりました。設計と施工を担当した奥村組に「あっぱれ」です。このデザインをそのまま採用して垂直方向に拡大したビルを三宮に欲しいところですね。

新本社と共に益々の同社の発展を期待しています。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です