三宮再整備

三宮再整備・地下鉄三宮駅東コンコース内装改装他工事 スイーツステーションも閉鎖 工事はリニューアル対象エリア全体へ波及



地下鉄三宮駅の東コンコースのリニューアル工事が今年の秋の完成を目指して進行中です。同駅開業後初のコンコースリニューアルとなり、地下の玄関口として相応しい姿に生まれ変わる事が期待されています。



現在は天井内の耐震改修や配管・配線の整備がメインで進められており、駅の稼働していない夜間工事が中心となる為、1日辺りの工事時間が限られています。



改札外コンコースでは各所に仮囲いが設置される場所が出現しています。



かつてスイーツステーションの1ブースがあった東端にも仮囲いが設置されました。



また遂に全てのスイーツステーション内店舗が営業を終了し、改修工事を開始する準備に入りました。



各ブース内部は既にもぬけの殻になっています。



装いを新たにして、スイーツの販売が再開されるのは今秋以降となります。一部のブースはJRの駅ナカで導入しているような固定型でなく、出店テナントが定期的入れ替わるシステムを検討して欲しいですね。



売店も営業を終了しました。こちらもリニューアルの対象でしょうか。



改札内のトイレはまだ供用されています。改札外に仮設トイレが完成した後、トイレのリニューアル工事がスタートします。



既にコンコース内の大部分が工事の対象となりました。



先日、横浜に行った際、地下鉄みなとみらい線の馬車道駅の美しさに感動しました(後日、ご紹介します)。また昨年、福岡市に延伸開業した地下鉄七隈線の各駅も斬新でした(こちらも後日、ご紹介します)。新設駅に対して見劣りしてしまうのは致し方ないですが、やはり三宮ターミナルを担う1駅として、それに相応しいデザインと機能をホームを含めて与えて欲しいと思います。



南側ではさんちかの再整備が進んでいます。そのさんちかと三宮駅東コンコースを結ぶこの地下通路も来年度以降の再整備対象となるものと思われます。

関連記事
三宮再整備

三宮再整備・東遊園地再整備工事 にぎわい拠点施設「URBAN PICNIC (アーバンピクニック)」の外観完成 冬のイベントに一部暫定利用開始

2022年11月22日
こべるん ~変化していく神戸~
建築資材の納品遅れや地下駐車場との兼ね合いによる工法変更等の要因で、今秋の一部供用開始を断念し、来春のグランドオープンに変更した東遊 …

POSTED COMMENT

  1. kamisamasan より:

    レポート有難うございます。リニューアル楽しみです、横浜や熊本などの他の都市のお話はとても参考になります!

  2. こまったちゃん より:

    横浜みなとみらい線は全体プロデュースの下で各駅を建築家にデザインさせているので、各駅ごとに魅力的です。

    神戸は海岸線が各駅の立地に特徴があってストーリ建てをしやすい(特に東半分)ので、これをやればよかったと思っています。

    福岡の七隈線も確か路線トータルでデザインがなされていてきれいですね。大阪メトロも全体プロデュースがなされていてその中での個別各駅のリニューアルなので、今後魅力が増してくるでしょう。

    神戸も路線全体としての一貫性のあるプロデュースと、各デザインの質を上げないと、せっかくのリニューアルの小粒感が増してしまいます。デザイン選挙もいいんですが、3個の選択可能なデザインよりは、とびぬけた1個を追求してほしいところです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です