こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

垂水駅前中央東地区市街地再開発事業 

tarumichuo01.jpg

JR・山陽垂水駅北側で予定されている再開発プロジェクト「垂水駅前中央東地区市街地再開発」。野村不動産を事業パートナーとし、約7,000平方メートルの開発用地に地上30階 地下1階 延床面積40,100平方メートル 住戸数270戸のタワーマンションを中心とした複合再開発ビルを建設します。今年度に都市計画決定し、来年から既存建物の解体工事に着手予定です。工事が実際に始まる前の現地の様子を取材しました。

tarumidev05.jpg

事業予定地は垂水駅前の北東に位置し、北側は垂水センター街に、東側は再開発ビルのレバンテ垂水に面しています。

tarumichuo02.jpg

垂水センター街は地元に親しまれるアーケード商店街です。再開発ビルはこのアーケード商店街の南側の約半分を占める事になります。

tarumichuo04.jpg

西側は狭い路地に面しますが、再開発が進むと道路の幅も拡大される事でしょう。現在は2階建程度の木造店舗や住宅が密集し、耐火の観点からは非常に危険な状況です。

tarumichuo05.jpg

北側は東西方向の道路が通っていますが、今回の事業対象地はこの道路までを含んだ街区一体開発ではなく、境界線はもう数十メートル北にセットバックしています。よって写真手前の店舗や後方のマンション等は再開発に参加しません。

tarumichuo06.jpg

北東角です。最初の写真の真反対にある東側のセンター街入口です。再開発に伴い、アーケードの架け替えや撤廃も考えられます。

tarumichuo12.jpg

今回の事業予定地で最も大きな面積のウェイトを占めるのは垂水廉売市場です。再開発の始まるのをひっそりと待っている状態です。

tarumichuo03.jpg

まだ市場のひっそり感を除いては再開発が計画されている事を伺わせる様子は見られません。唯一、店舗シャッターにまちづくりニュースが貼られており、再開発組合発足を伝えていました。

tarumichuo08.jpg

垂水駅北側は90年代初頭来、神戸市主導で再開発が行われました。最も東側のレバンテ垂水は約3.2ヘクタールに1-3番館の3棟で構成される再開発ビルや垂水区役所、駅前の公共広場を整備。最も新しく規模の大きな写真の1番館は地上15階建で主に店舗と住宅から成る2000年竣工の再開発ビルです。キーテナントにCO-OP垂水が入居。

tarumichuo11.jpg

西側は約2ヘクタールの用地をウェステ垂水として再開発。ツインビルの低層部を商業施設で連結し、中核テナントにイオンが出店しています。

垂水中央地区はこれらの先行再開発地区に挟まれており、今回の東地区を皮切りに、最終的には全体の再開発へと繋げる構想です。尚、野村不動産は残りの中央地区においても事業パートナーとして参画する予定です。同社は積極的に地域の再開発の事業協力者となる事を方針戦略に掲げており、兵庫県内でも明石駅前、阪急塚口駅等の再開発にも参画しています。

tarumichuo09.jpg

垂水駅はJRと山陽電車が三宮以西で初めてランデブーする連絡駅の役割を担い、JRも快速を停車させます。駅前は市バスや山陽バスの拠点ターミナルとして機能し、駅北側の丘陵地に広がる広大な住宅地である舞多聞地区の玄関口としての役割も担ってきました。JR垂水駅と山陽垂水駅を合わせた乗降客数は約75,000人にも上ります。垂水駅前は今後、野村不動産によってツインもしくはトリプルタワー化され、プチ武蔵小杉になる可能性も秘めているかもしれません。

関連記事

category: 垂水駅前再開発

2018/08/31 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 2

go page top

ドーミーイン神戸元町新築工事 

dormyinn31.jpg

りそな神戸ビル跡地で戸田建設の施工で建設されているドーミーイン神戸元町。地上14階 延床面積9,741.14平方メートル 高さ49.95mの規模を誇るビジネスホテルです。

dormyinn34.jpg

前回の取材時だった7月上旬はまだ杭工事が進んでいましたが、なんともうタワークレーンが登場しました!

それもそのはず。この建物の構造は鉄筋コンクリート造です。この規模の鉄骨造だと鉄骨建方をラフテークレーン等で完了させてからタワークレーンを載せるというホテル建築が多いです。鉄骨建方を終えた三宮の相鉄フレッサインにもタワークレーンが登場したようです。

dormyinn35.jpg

タワークレーンの部材搬入の為だったのか、仮囲いの一部が簡易ゲート化していました。基礎のコンクリート打設までは終わっているようでした。地上部の躯体工事が始まるまでにはまだもう少し時間が掛かりそうです。

dormyinn32.jpg

仮囲いは南京町らしくカラフルに飾られています。観光ガイドマップの役目も担っているようです。

dormyinn33.jpg

栄町通を東側から望んだ際のドーミーイン神戸元町建築現場です。高さ約50mのビルなので、結構な存在感が出てくると思われます。右端の狭小ビルが下のパースにも描かれていますが、この対比でのスケール感から考えても重量級の建物です。

dormyinn30.jpg

もしかしたらタワークレーンはもう1基の投入もあるかもしれません。躯体の成長が楽しみです。

ドーミーインというホテル名称ですが、ドーミーは英語のドミトリー(Dormitory・寮)から作られた造語です。運営会社の共立メンテナンスは当初、学生・社員寮の運営管理受託事業を主としていましたが、ドーミーイン事業=ホテル事業も新たな柱として成長させてきました。昨今のインバウンド需要がその成長に拍車を掛け、遂にはホテル事業が本業を上回ったそうです。そんな環境下で開業準備が進められているドーミーイン神戸元町は恐らく同社最大級の旗艦ホテルになるのではないかと思われます。客室数も300室を越えるのではないでしょうか。ちなみに現在の最大客室数を誇るのはドーミーイン大阪谷町の305室で延床面積9,702.34平方メートルで神戸元町とほぼ同規模です。公式発表が待たれます。

関連記事

category: りそな銀行ビル跡地

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/30 Thu. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 0

go page top

ポルシェセンター神戸が開業/ホテルヴィアマーレにはNIWAKA 

porchcenter53.jpg

海岸通と京町筋の交差点西角に建設されたポルシェセンター神戸が竣工し、華々しいオープン日を迎えました。地上5階 延床面積3,175.27平方メートル 鉄骨造の建物で大和ハウス工業が設計・施工を行いました。また住吉駅付近から都心への移転開業となりました。

porchcenter50.jpg

ポルシェセンター神戸のシルバーの立て看板です。世界中のポルシェセンターが共通してシルバーのパネルに赤字のロゴというデザインを踏襲しています。

porchcenter51.jpg

やはり旧居留地の街並みによく映えますね。

porchcenter56.jpg

取材日はプレオープンで常連の招待客が続々と詰め掛けていたようです。そんな世界からは縁遠いですが、神戸の街並みに華やかさを与えるこのショールームには大きく期待しています。

porchcenter55.jpg

2階にカイエンの姿も見えます。登場当初はポルシェがSUV!?と物議を醸し出しましたが、今やどのメーカーもSUVのラインナップが当たり前になってしまいましたね。

porchcenter54.jpg

旧居留地からウォーターフロントのエリアに掛けての一帯に欧州の高級車のショールームが続々とオープンしています。ジャガー・ランドローバーから始まり、ランボルギーニやベントレーが続き、そしてポルシェに至りました。数年後には第一突堤基部にモトーレンがBMWのショールームを開きます。旧居留地はアパレルとアクセサリーの高級ブランドが点在する事で一時代を築いてきましたが、最近は進出企業の多様化が進んでいます。

viamare01.jpg

ただこの1年半程は移転や撤退に伴って出た路面店の空きテナントが暫く埋まらないケースがチラホラと目立っていました。ポルシェセンターから程近い、ホテルヴィアマーレの1階はMIUMIUが明石町筋の自社店舗ビルへ新築移転した後、暫く空きでした。

viamare03.jpg

しかし先週23日(木)、京都に本店を置くジュエリー店の「俄 NIWAKA 神戸店」が移転・拡大オープンしました。地下1-地上1階の2フロアに330平方メートルの店舗面積を備えた大型店です。

viamare02.jpg

隣のKANJUビルの1階も同社がショールームを開くようです。更に京町筋北側のブルックスブラザーズが退店していた新クレセントビルの1階も内装撤去・搬出の作業が進められていたのを目撃しました。来月にはジーニアスギャラリー跡にファミリア神戸本店がオープンしますし、ブルーボトルコーヒーも開業したばかりです。後は三宮に移転した東京スター銀行跡の三井神戸ビル1階、ローソンの抜けた栄光ビル1階、ストロングビル1階等のテナントが埋まると良いですね。Jフロントが今後、旧居留地を本格的に再開発して行く気配も漂っています。

関連記事

category: 海岸通 旧居留地計画

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/29 Wed. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 1

go page top

三宮ゼロゲート(仮称)新築工事とBarbour神戸店の開店 

zerogate56.jpg

9月14日(金)の開業がパルコから公式発表され、アディダスのブランドコアストアと雑貨店のCOLONY 2139の出店が決定しています。建物本体工事は竣工しており、オープンに向けて慌ただしく外構工事と店舗内装工事が進められています。

zerogate59.jpg

進出テナントがまだ発表されていない3-4階は窓にビニールシートが被されています。

zerogate53.jpg

取材中はひっきりなしにトラックがやってきては店舗内装資材の荷降ろしが行われていました。

zerogate54.jpg

完全に仮囲いと足場が取れたので、センター街側の様子も分かるようになりました。メディテラス時代も下から上までカーテンウォールに覆われていたので、あまり変わり映えしませんね。

zerogate55.jpg

1階内部の様子です。まだ天井の配管も剥き出しの状態でした。無柱空間が建築特徴だけあって広々としています。

zerogate58.jpg

先日、夜間の照明演出の試験点灯の様子を車窓から見掛けましたが、淡い暖色系のライトがフロアとフロアの間を照らしていました。店舗から漏れる光と合わせて、周囲を明るくする効果があるものと思われます。

zerogate60.jpg

トアロードを100m程、南下した場所にあったVaggio Blueが大丸へ移転して空きビルとなっていた建物は改修工事が行われていましたが、完成して新店がオープンしていました。グリーンに外装が塗り替えられ、とても目を惹く建物に生まれ変わりました。

zerogate61.jpg

出店したのは「Barbour. (バブアー) 」。英国発祥のアウトドア・ライフスタイルブランドです。同ブランドの日本国内最新のブラックシップストアとして8月23日(木)に神戸店がオープンしました。関西では大阪店に次ぐ2店舗目となります。色が変わるだけでここまで印象が変わるのですね。ビックリしました。

zerogate57.jpg

トアロードはここ数年、次々と新店の出店が相次ぎ、激変しています。三宮ゼロゲートの完成が一連の大きな変化の締めくくりとなりますが、まだこれからも老朽ビルの建て替えや集約も期待できるかもしれません。
関連記事

category: 三宮ゼロゲート

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/28 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 3

go page top