こべるん ~変化していく神戸~
イベント

神戸ルミナリエ 2018の設置準備が旧居留地・仲町通で開始!早くも彫刻アーチが登場!



12月7日(金)から開催予定の第24回 神戸ルミナリエ 2018まで残り約1ヶ月となりましたが、早くも会場となる旧居留地・仲町通には彫刻のアーチが設置されました。

神戸ルミナリエ 2018のデザイン等



今年は過去最多の50万個の電球が使用される予定ですので、アーチの設置数やアーチ1本辺りの電球数も多いのでしょうか。



しかしいつもこんなに早く彫刻が登場していたでしょうか。数年前は設置準備中に強風が吹いて、一部が崩壊・破損してしまいました。もう流石に台風は来ないかと思いますが、このまま無事に本番当日を迎えて欲しいですね。



早く設置が進むとルミナリエを迎える雰囲気というか盛り上がりに向けて、より期待が高まる効果もあるのかもしれません。すでに街中ではクリスマスソングも流れ出し、クリスマスと年末に向けてソワソワした気分が漂い始めています。



旧居留地25番館前には光の天井「ガレリアコペルタ」が登場しています。



ガレリアコペルタと接続した最大の前門アーチ「フロントーネ」。点灯後にこのアングルで綺麗に写真を撮る事はかなり難しいです。基本、人の頭やスマホの光る画面が入ってしまいます。少しルミナリエを先取りした気分になりました。



やはり今回はかなり力の入った感があります。



本番前に光っていないヒルナリエをゆっくり眺めるのもなかなか趣があります。点灯時とのギャップを見ておくのもルミナリエの1つの楽しみ方ではないかと推奨したいと思います。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. イセ より:

    ルミナリエの新着情報ありがとうございます。今年こそは期間をクリスマスまで延ばして良いと思います。

    • しん@こべるん より:

      そうですね。来場者をてっとり早く増やすのはクリスマスを加えるのは上策です。

  2. ボス より:

    毎年ルミナリエの設置準備は、11月入ってすぐです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。