JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 昇降式ホーム柵2番ホームにも出現 3番ホームは10月20日から稼働開始



昨年から導入設置工事が進められてきたJR三ノ宮駅ホームの昇降式ホーム柵。3番ホームには既に昇降機が設置完了していた事をお伝えしていましたが、いよいよ2番ホームにも機械が入りました。



240mに渡って縦列するホーム柵昇降機。



昇降機周辺の状況・状態を確認するモニターも取り付けが完了しています。



このホーム柵の設置には11.9億円が投じられており、国、県、市からも助成金が出ています。



工事が先行した3番ホームでは10月20日よりホーム柵が稼働を開始する予定です。2番ホームについても年内には稼働するようです。



新快速の停車する1・4番ホームへの導入は未定との事で片手落ちの感が否めないのですが、15分に1度の発着頻度だと費用対効果の面で導入に二の足を踏んでしまうという事でしょうか。12億円は確かに大きな費用です。ただ安全への配慮はJR西日本が最も気を配る必要のある投資ではないでしょうか。企業姿勢が問われるような気がします。

関連記事
JR三ノ宮駅改修構想

JR西日本が中期経営計画を見直し 新三ノ宮駅ビル計画は仕切り直し 今後の計画概要や開業時期はどうなる?

2020年11月1日
こべるん ~変化していく神戸~
解体が進む既存駅ビルの三宮ターミナルビル跡地で計画されていた新三ノ宮駅ビルについて、中期経営計画の見直しの一環として、JR西日本の長 …
JR三ノ宮駅改修構想

三宮駅歩行者デッキ設計競技(コンペ)審査の結果が発表される! 中央復建コンサルタンツ/安井建築設計事務所/ジェイアール西日本コンサルタンツが最優秀作品を獲得

2021年6月2日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は昨年10月に「新たな神戸の玄関口にふさわしい上質で洗練された空間をつなぐ歩行者デッキ」をテーマとした三宮駅周辺の歩行者デッキ …
JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 中央通路の再整備が進行中 新駅ビルには国の支援を求めるべきか

2020年11月16日
こべるん ~変化していく神戸~
地下階を残しつつ更地化が進むJR三ノ宮駅の三宮ターミナルビル撤去工事。この更地に新たな駅ビルが何年後かに建つと思うと、その建物のフロ …

POSTED COMMENT

  1. 旧北区民 より:

    1・4番線は新快速・特急(はまかぜ、スーパーはくと)以外に14両(通勤型車両で15両分)の寝台特急の長さに合わせているため、要検討ということだと思います。
    震災後西口側ホームをエスカレーター設置等で改築したため、従来のホーム有効長から2両分足りなくなってしまい、神姫バス三ノ宮バスターミナル側にホームを延長して寝台特急に対応しています。
    この延長部分(特に上り)は、ホーム幅が狭い上に耐荷重不足でホームドアを設置できません。
    12両より長い部分は『ホームドアなし』にする方法もありますが、JR西日本管内でも一部なしにするというのは前例がないため、悩ましいところでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です