三宮3丁目ホテル計画

カンデオホテルズ神戸トアロード

candeo11.jpg

既存ビルの解体が急増している神戸の都心部ですが、その中でも一度に複数の建物解体が進む例としては最も規模の大きなものが三宮3丁目のカンデオホテルズ進出予定地です。

candeo07.jpg

4棟の既存建物を解体して、敷地を集約化し、より大型のビルを建てる典型的な民間優良再開発案件です。まだ仮囲いを設置した本格的な解体工事は開始されていません。撮影日は向かって左の服飾雑貨店であるダイアナ三宮店が営業中でしたが、2月21日を以て一時閉店しました。

candeo06.jpg

敷地内では最も規模の大きく角地にあって目立つスカイトーアビルはこの間、内部解体作業が進んでいます。

candeo08.jpg

何も知らない人が見ればシャッターが全て下りたビルが並んだ様はゴーストタウンさながらの光景だと思うかもしれませんね。

candeo09.jpg

取材中、テニスショップフィールド神戸本店の内装品の搬出作業が行われていました。ダイアナ三宮店同様につい最近まで営業を続けていました。3月1日に元町の三越跡であるパルパローレビルに移転オープンする予定です。

candeo10.jpg

これで全ての建物が本格的な解体に向けて準備を整えたことになります。ダイアナ三宮店は新ビルの1-2階の商業施設部分に再度開店するものと思われます。カンデオホテルズ神戸トアロード、一昨日お伝えした神戸BALのANNEX棟、そしてワールドが保有し、パルコに譲渡されたメディテラス等、トアロードを挟んで商業施設の新陳代謝が活発化しています。



関連記事
三宮3丁目ホテル計画

カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事 三宮3丁目ホテル計画+トアロード各種計画

2016年7月25日
こべるん ~変化していく神戸~
ここ1ヵ月は毎週月曜日は神戸阪急ビル東館の進捗週報に充てていましたが、外見上はほとんど動きが無かった為、今週はお休みすることにしました。代わ …

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ここにパース通りのホテルが1棟建つだけで
    この辺りの景観が激変して周辺にも再開発の動きが出てくると思います。

  2. しん@こべるん より:

    名無しさん
    次回は名前を入れてコメントをお願いします。周囲の再開発波及を期待したいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です