三宮3丁目ホテル計画

カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事 三宮3丁目ホテル計画+トアロード各種計画

torroad04.jpg

ここ1ヵ月は毎週月曜日は神戸阪急ビル東館の進捗週報に充てていましたが、外見上はほとんど動きが無かった為、今週はお休みすることにしました。

代わって三宮3丁目で計画されている再開発ビル「カンデオホテルズ神戸トアロード」及びトアロードで進行中の各プロジェクトの状況レポートです。カンデオホテルズの計画地にあった雑居ビル4棟の解体撤去工事が完了し、仮囲いも一旦、取り払われました。

torroad05.jpg

綺麗に更地化された計画地です。仮囲いが撤去されたのは既存建物の解体施工者と新築ビルの建設施工者が異なるためだと思われます。

torroad06.jpg

計画地の向こうにパルコが取得し、ゼロゲートをオープンさせる予定のメディテラス跡がひっそりと佇んでいます。

torroad07.jpg

着工は7月吉日として正式には決まっていません。すでに7月はあと1週間を残す程となりました。予定通り月内に着工するでしょうか。今週中に仮囲いが再度、整備され始めればその可能性は高まってきます。まだ施工者決定の最終調整が行われているのかもしれません。

torroad08.jpg

カンデオホテルズ神戸トアロードの計画地と隣接する三澤ビルやその更に南隣で建設中の新しい狭小商業ビルは養生ネットと足場に包まれています。再開発の行われない三澤ビルも両隣に新築ビルが建設されることに伴って、外観の改修を行っているようです。

torroad09.jpg

改修と合わせて新しいテナントも開業するようです。これらの建物やカンデオホテルズ神戸トアロード、そしてゼロゲートが開業すると、この交差点付近はとても賑やかになりそうです。人の通行量も増えるでしょうから、中央幹線以南のトアロードの車両通行についても何等かの規制が必要かもしれません。

torroad03.jpg

これらの新規建物よりも100m程南下した場所で建設中のBAL ANNEX。COACHの入居していた地上2階建ての旧ANNEXを倍の規模である地上4階建てに建て替える工事です。外見上は工事の進捗が見えませんが、これまで基礎工事が進められていました。ゲートの隙間から内部を覘くと、すでに基礎の配筋やコンクリート打設が完了していました。作業予定には7月26日より鉄骨建方を開始する旨が記載されていましたので、来週にはこの作業の模様をレポートできるかと思います。

torroad01.jpg

これからゼロゲートが開業するまでの数年間、トアロードから目を離せませんね。三宮中央通りまでこの建て替えブームが波及してきて欲しいと思います。特に交差点付近はカンデオホテルズ同様に店舗とホテルの複合ビルに建て替えられると理想ですね。



関連記事

POSTED COMMENT

  1. 黒霧 より:

    おはようございます 一番最後の写真 バル側交差点 将来は 集約化の改修 期待したいですね

  2. kenkenbooboo より:

    先日ボーリング調査やってたので、工事はまだ先じゃないですかね。できたら計画変更でホテル容積率緩和を利用した物件になって欲しいです。阪急の宝塚ホテルが規模1.5倍で新築建て替え。兵庫県では最初の物件のような気がします。

    神戸市の用途地域等見直しの意見募集に意見送付したんですが、色々書いているうちに本当に神戸は矛盾が多いんだなあと思いましたね。
    この三宮周辺だけでも、都心のビルを集約し、オフィスビル建設を促進しようにもオフィス需要が読めず、デペロッパーはマンション開発以外興味なし。景観デザインや高層マンション立地を規制するとコストがかかるので、地権者は建て替えがおっくうになりレトロ建築より雑居ビルが生き延びる。都心の住宅開発が進むと商業業務施設が減り、職場がない若者は職を求めて他都市へ転出する。

    一番矛盾を感じるのが都心の住宅開発を規制しているのに、神戸市行政は市民増のため住みよい三宮の住環境をアピールする…。
    ほんと矛盾だらけですわ…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です