浜辺通6丁目計画

ワコーレシティ神戸三宮 -浜辺通6丁目計画-

hamabe79.jpg

浜辺通6丁目で建設中の和田興産の大型プロジェクト「ワコーレシティ神戸三宮(地上20階 総戸数471戸/全完売済)」の最新状況です。

hamabe78.jpg

地上20階・3棟構成の建物ですが、現在までに3棟すべてが上棟しており、躯体工事は完了して現在は内外装の仕上げに工事の軸足が移っています。二種類のガラス手摺を使って、ファサードに描かれる弧の様子もだんだん形になってきました。

hamabe74.jpg

最上階に達したので、みなとの森公園から見ても高架道路等の向こう側から大きく突き出ました。上層階に住んでいる人は公園で子供が遊んでいる様子を確認することもできそうですね。

hamabe75.jpg

周囲は更に高いビル群が取り囲んでいます。今だにここに150m級が建てられていれば・・・と想像してしまいます。

hamabe76.jpg

3棟の内、最も規模の大きなマスターズコートも20階に到達。さすがにこの幅でこの高さだとかなり迫力があります。

hamabe72.jpg

市庁舎展望ロビーから見た様子です。塔屋の構築も進んでいます。表示高さの59.99mは軒高ではないかと思われます。塔屋の高さは5m程ありそうです。その場合、最高高さとしては65m程の建物である可能性があります。

同じ葺合南54 号線沿いに建設中の三宮ビル北館の高さは62mですので、ほぼ同じスケール感になります。

hamabe73.jpg

ズームアウトするとミュージアムタワーが際立つので、ワコーレシティも小さく見えてしまいますね。



関連記事
浜辺通6丁目計画

ワコーレシティ神戸三宮 -浜辺通6丁目計画-

2015年10月13日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工を間近に控えたワコーレシティ神戸三宮。足元周りの整備も急ピッチで進んでいます。パークフロントコート前で整備中のグリーンプロムナード。完成が近づいています。植栽もほぼ完了していま …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    これが150mクラスの超高層だったら、周辺建物との間に広い空間が出来て足下ももっと明るくすっきりとなったと思います。
    旧居留地やこのフラワーロード東地区は、道路が広く街区が整っているので超高層ビルで揃えたら、ビル間が広くてきれいな街並みを創り出すことができると思います。神戸市の中心部のこの整然と区画されたエリアはもっと大切に開発して欲しいと願います。
    超高層建物で揃え足下と空間に広いスペースを創り出せば、その街区こそ、将来神戸らしさの象徴的街並みになると思います。

    ただ、ワコーレに関して言えば超高層をこの地で建設していたら、販売価格が高くなり完売していたかどうか?ですね。マンション事業としては、この地ではこの規模でこの価格帯で正解だったんでしょう。

  2. しん@こべるん より:

    sirokumaさん
    空間が欲しい神戸が建物の高さを抑えて、窮屈な街にすることが本当に望ましいのかと声を大にして言いたいですね。高層ビルを密集させる必要はないのです。高層=悪と見立てるおかしな風潮には疑問を感じます。

    次に神戸で100mを越えるマンションが建つ日は来るのでしょうか・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です