浜辺通6丁目計画

ワコーレシティ神戸三宮 -浜辺通6丁目計画-

wakore100.jpg

浜辺通6丁目で建設中のタワーマンション「ワコーレシティ神戸三宮」。こちらにもタワークレーンが登場しています。

wakore101.jpg

三棟構成の同物件ですが、最も建設が進んでいる東側のA棟はすでに地上部の鉄筋が仮囲いから頭を出しています。

wakore102.jpg

地上20階建という規模から登場したタワークレーンは小粒です。

wakore103.jpg

2号線に面するB棟も地上部の躯体工事が開始されています。

wakore105.jpg

2号線と建物の間には15.6mの緩衝帯が設けられます。この緩衝帯はグリーンプロムナードとして緑が覆い茂げ、親水広場のある公開空地になります。

wakore104.jpg

現状の様子です。まだどうこの場所が変化するのか想像がつきません。

wakore106.jpg

完成後はこうなる予定です。実物を見るのが楽しみですね。



関連記事
浜辺通6丁目計画

ワコーレシティ神戸三宮 -浜辺通6丁目計画-

2015年10月13日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工を間近に控えたワコーレシティ神戸三宮。足元周りの整備も急ピッチで進んでいます。パークフロントコート前で整備中のグリーンプロムナード。完成が近づいています。植栽もほぼ完了していま …
浜辺通6丁目計画

ワコーレシティ神戸三宮 -浜辺通6丁目計画-

2015年8月12日
こべるん ~変化していく神戸~
和田興産の大規模分譲マンション「ワコーレシティ神戸三宮」。もうまもなくその外観工事は完了迎えようとしています。東側のエントランスコート棟はすでにすべての足場や養生ネットが撤去されて …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    ワコーレシティ神戸三宮は売れ行き絶好調みたいですね。でも戸数が多いのでぐっと気を引き締めて完売して欲しいと思います。ここで約1500人前後の人が生活をするようになると思うと楽しくなりますね。

    公開空地制度はとても良い制度だと思いますがビル街などでは施工後にコーンやフラワーBOX等で閉鎖している所が目立ちます。
    オープンにしておくとたちまち放置自転車・バイクの駐輪場と化してしまうからでしょうが折角のスペースが勿体ないものです。近年、神戸市は道路に時間貸しの駐輪スペースの整備を進めていますがなかなか追いつかないのが現状です。歩道の整備事業が進み広くきれいに整備されるとこのような問題が新たに出てくる。今後、エリアによっては違法駐車よりも違法駐輪の方が問題になるかもしれませんね。

  2. sirokuma より:

    こんにちは。
    建築工事費の高騰(主因は人手不足)はなかなか落ち着きを見せませんね。残念なことに、中央卸売市場跡のイオンモールも完成をまるまる1年伸ばして再来年秋の開業としましたね。
    折角楽しみにしていたので残念でした。
    一方では、阪急は年内にも三宮駅ビルの解体に着手する気配です。このところ動きが活発ですね。でも個人的には阪急の三宮開発は少なくとも神戸市とJRと少し時間をかけ一体的な開発にして欲しいと思います。現スペースでの建替えじゃどう考えても淋しすぎますから。

  3. しん@こべるん より:

    sirokumaさん
    駅周辺の違法放置自転車には辟易しますね。JR兵庫駅南側も以前はひどい状態でしたが、監視人の配置と有料化で劇的に改善しました。モデルケースにして各駅でも実施すべきですね。

    イオンモール開業延期は残念ですね。建築業界の危機は構造的な問題なので簡単に解決はできないというのがより問題を難しくしています。そもそも改善されることはあるのかどうか。景気が改善しているだけに今後これが足枷になるのは懸念です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です