ホテルシェレナ跡地

ホテルシェレナ各館跡地の現況と周辺

cherena76.jpg

ホテルシェレナ本館跡地に建設中のタワーレジデンス「ザ・レジデンス神戸元町通」。竣工に向けて着実に工事が進捗しています。低中層階のネットはすでに取り払われて、ファサードが明らかになってきました。

cherena77.jpg

思った以上に垂直方向のマリオンと水平ラインのガラス手すりのコントラストがはっきりしてなかなか良い感じです。これは期待通り非常にディテールが洗練された外観のタワーマンションになりそうです。

cherena79.jpg

高さはあまりありませんが、自己主張の強い建物です。

cherena82.jpg

楓寮との間にはタワーパーキングが整備されています。

cherena83.jpg

お隣の東館跡地ではまだ既存建物基礎部の撤去工事が進行しています。建物着工まではまだしばらく時間が掛かりそうです。

cherena80.jpg

かわって西館跡地ですが、賃貸マンションへとリノベーションされました。

cherena81.jpg

の、はずですが、なぜか建物に新たに名称のサインが取り付けられました。その名も「DAIICHI GRAND HOTEL NISHI MOTOMACHI 第一グランドホテル 西元町」。

第一グランドホテルと言えば、東門街にあったビジネスホテルで現在はホテルエリアワンに改称されています。何か関連性があるのでしょうか。賃貸マンションとしてはうまく行かず、やはりホテルへと再変更されることになるのでしょうか。賃貸マンションとしてのホームページはいまだ健在です。摩訶不思議ですね。

cherena73.jpg

シェレナ跡地開発地の向かいで進められてきた神戸貯金事務センターの解体工事ですがようやく完了を迎えそうです。

cherena74.jpg

完全に更地化としました。かなりの敷地面積があります。気になる跡地利用ですが…

cherena75.jpg

敷地内では側溝の整備が行われているようです。また支柱を立てる簡素な基礎も作られています。

cherena78.jpg

これはどうやら駐車場を整備しているようですね。ハーバーランドでは週末には駐車場が不足している状況が続いています。またシェレナ東館跡地も着工前に営業していた駐車場はいつも満車でした。このエリアでのコインパーキング需要は非常に高いと言えます。これはある程度、予想してはいましたが、やはり暫くは暫定利用される可能性が高いですね。大きな再開発用地だけに今後の期待がおのずと高まります。気になるのは土地の現所有者ですね。すでに売却されているのかそれともまだ日本郵政が所有して時期をみて売却するのか。



関連記事
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館・第一グランドホテル西元町の解体撤去工事が本格化 地域のランドマークへと再開発されるか

2022年3月17日
こべるん ~変化していく神戸~
同じく解体工事が本格化した旧ホテルシェレナ西館・第一グランドホテル西元町。こちらも再開発の卵として、解体後には地域活性化のプロジェク …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です