ホテルシェレナ跡地

ジ・アーバネックスタワー神戸元町通

urbanex48.jpg

ホテルシェレナ跡地再開発の集大成となるプロジェクト「ジ・アーバネックスタワー神戸元町通」の建設状況です。まだ現時点では交差点から見た際には隣の「ザ・レジデンス神戸元町通」の存在感が大きいです。

urbanex50.jpg

しかし工事は順調に進んでおり遂に20階の大台に到達しました!残りあと7階+塔屋です。

urbanex51.jpg

20階に到達したので文字通りタワーレジデンスと言える外観になってきました。不動産業界では20階以上の建物をタワーマンションと呼ぶのが通例となっているようです。

urbanex52.jpg

2種のパターンを組み合わせるガラス手摺の取り付けも下層階が順調に仕上がっていっています。

urbanex53.jpg

隣り合う建物と階段状になっています。すでに北隣のアーバネックス元町通の高さを越えました。南側のザ・レジデンスを越えるのも時間の問題なので、この階段も一時的な景色です。

urbanex54.jpg

北側から見た同タワー。栄町通からセットバックしています。

urbanex56.jpg

更に栄町通の遠景で見た同タワー。あと7層高くなるとかなり存在が増してくると思います。

urbanex55.jpg

中突堤から見てもしっかり確認できるようになりました。ここから見える=建物からも中突堤がしっかり見えるという事ですね。恐らく10階以上の部屋からは神戸港が望めるものと思われます。

urbanex49.jpg

シェレナ跡地が複数の高層建築群から成る複合住宅群に生まれ変わりつつあります。唯一、西館だけがその活用法がはっきりしないまま取り残されてしまっています。



関連記事
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館・第一グランドホテル西元町の解体撤去工事が開始される 和田興産が再開発へ 元町商店街の活性化の一翼となるか

2022年1月18日
こべるん ~変化していく神戸~
西元町のランドマークであったホテルシェレナ神戸。本館、東館、西館の3棟構成の建物でしたが、震災で被災した本館と東館は解体され、その後、タワ …
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館・第一グランドホテル西元町の解体撤去工事が本格化 地域のランドマークへと再開発されるか

2022年3月17日
こべるん ~変化していく神戸~
同じく解体工事が本格化した旧ホテルシェレナ西館・第一グランドホテル西元町。こちらも再開発の卵として、解体後には地域活性化のプロジェク …

POSTED COMMENT

  1. ゼンパンコウ より:

    たまにしか前を通りませんが、様変わりしたロケ-ションには感動を覚えます。
    西館は残念ですね。
    耐震等で新聞でも取り上げられた物件です。
    実際は耐震性には問題はなかった様な顛末だったかと思いますが、
    空ビルのままレジやホテルとフェイスがコロコロ変わっております。
    無計画なのであれば建物の再利用に固執するべきではなく、
    他のシェレナ跡地同様に再開発に踏み切るべきでしたね。
    米国の利上げによる外資マネ-の国内還流により売り逃げできるでしょうか。

  2. しん@こべるん より:

    ゼンパンコウさん
    西館・・・。中途半端に残っていますが解体するべきでしょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です