JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅天井補強工事


来春までを工期として行われているJR三ノ宮駅の天井耐震補強工事。中央の改札外コンコースの一部がすでに工事を終えてお披露目されていますが、その範囲が更に拡大しました。


切符売り場周辺までの工事が完了し、かなり開放感が出てきました。作業床を支える鉄骨の柱がなくなっただけでも広々としました。


すでに開放されていた天井と同様に丸型のダウンライトが照明の中心になっています。


防犯カメラや非常用出口案内のサインも新しい天井に取り付けられています。まだ柱は天井との接続部に彫刻調の装飾が取り付けられている以外、内部が剥き出しの状態です。これからどんな化粧を施されるのでしょう。曲面にも設置できる有機ELパネルを巻きつけたり、光柱にして新しい三ノ宮駅を象徴する存在に仕立て上げて貰いたいです。


まだ鉄骨の柱や梁はありますが、店舗のある南側の東西通路も作業床が撤去されて、新しい天井がお目見えしています。


こちらはシンプルな造りです。すでに店舗側の壁は改修済だったのでこれと合わせるような形です。


早く全面的に開放されたコンコースを見渡してみたいですね。今後の柱の活用方法にも要注目です。


未着手だった西口側の工事も始まりました。ただでさえ天井も低く柱も多い西口改札外コンコースには手を付けるでしょうか。阪急の駅ビル建設と駅舎にリューアルに合わせるでしょうか。


三宮ターミナルホテルの営業もいよいよ残すところ2ヶ月程になりました。年内にJRからターミナルビルの建て替え計画は発表されるでしょうか。


なんだかんだ言ってもJRの駅ビルはその街の中核となります。JRの駅ビルが広域圏における集客吸引装置となり、駅周辺の不動産価値が高まる事によって更なる開発投資を誘引します。既存中心街も駅周辺の賑わいを引き寄せる為の再開発を活発化させます。そうした活況がもう目前に迫っています。



関連記事
JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 再び重機が入る 駅周辺デッキ整備事業者のプロポーザルも来月に公開か?

2021年4月8日
こべるん ~変化していく神戸~
約3ヶ月ぶりに三宮ターミナルビルについて取り上げたいと思います。前回は1月半ばにアントレマルシェ三宮前のフラワーロードに通じる通路が …
JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 全面に防音パネル取付 新駅ビル高層部ホテルはどうなる?

2019年7月2日
こべるん ~変化していく神戸~
解体工事の進む三宮ターミナルビルは東面を除く3面で足場の上の防音パネルの取り付け作業が大詰めを迎えています。こんなに長い工期の仮設工事を …
JR三ノ宮駅改修構想

JR新駅ビルが中心となる駅周辺動線改良はどう進められるのか?新駅ビルえき・まち空間の整備の要となる施設

2021年10月7日
こべるん ~変化していく神戸~
2029年にJR三ノ宮新駅ビルが開業するという具体的なスケジュールが決定しました。駅ビル建設は、神戸市が進めている都心・三宮再整備の …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です