JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅構内リニューアル工事

sannomiya_sta35.jpg

JR西日本が進めているJR三ノ宮駅構内のリニューアル工事がいよいよ大詰めを迎えつつあります。工事は現在、中央口正面の店舗フロア部に重きが置かれています。

sannomiya_sta37.jpg

店舗フロア部の仮囲には進出予定のテナント名が掲示されました。フロア構成で最も大きなウェイトを占めそうなのが「OPAQUE.CLIP」。ワールドのお膝元である神戸の玄関口に同社がブランドを変更して再度出店です。以前は東口正面にINDEXを営業していました。6月下旬の開業予定です。

sannomiya_sta38.jpg

他、JR西日本が運営する化粧品・雑貨を扱う「EPISODE」、THE BODY SHOPが出店するようです。いずれも6月下旬にいっせい開業の予定です。

sannomiya_sta40.jpg

みどりの窓口の横で元々「LOWRYS FARM」が営業していた場所にも新たな店舗が進出します。

sannomiya_sta43.jpg

新店は「apart by lowrys」。LOWRYS FARMを運営する株式会社ポイントの1ブランドです。同社は茨城県水戸市で紳士服を扱う企業でしたが、今では17のブランドと約800店を全国に展開するアパレルメーカーに成長しました。

新たな出店は女性向けブランドばかりですね。男はあまりお金を落としません…。

sannomiya_sta45.jpg

先行していた東口の改装工事も新たな展開を迎えました。

sannomiya_sta41.jpg

東口改札も新しい改札機の設置と共に位置を変更。

sannomiya_sta33.jpg

改札周りの外壁や天井パネルも一新して清潔感溢れる明るい印象になりました。また券売機を北側に移動。

sannomiya_sta34.jpg

中央コンコース内も大きく変貌。

sannomiya_sta46.jpg

改札内北側にこれまで無かった新たなトイレが完成。女性トイレにはパウダーコーナーを設置。

sannomiya_sta47.jpg

代わりに東口改札外にあったトイレは閉鎖・撤去工事が始まりました。まだこのトイレ閉鎖を知らない人が多く訪れては引き返して行きました。

sannomiya_sta42.jpg

階段・エスカレーター周りのタイルも光沢感のあるメラミン化粧板が貼られて綺麗になりました。

sannomiya_sta36.jpg

改装工事は三宮ダイニングロードにも手が入りました。2階部分は「臼臼」を残して閉鎖。現在、西口と中央口を結ぶダイニングロードは通り抜けが出来なくなっています。

sannomiya_sta39.jpg

工事概要を掲示している図です。中央改札前の1-2階が工事中です。駅構内では最も大きな面積を占めるエリアです。どう変貌するのか楽しみですね。あと1ヶ月でその全貌が明らかになります。東口改札外のトイレ跡もどう変わるのでしょうか。中央コンコース南側も大きな変化が予想されます。

sannomiya_sta32.jpg

三宮ターミナルビルの1階部分にも新たな店舗が開業。駅歩0分でビールが飲めるパブが誕生です。

sannomiya_sta30.jpg

平成23年4月から開始されたJR三ノ宮駅の改装工事は当初24年度末に完成予定でしたが、すでに工期はずれ込んでいますが、あと1ヶ月程でその大部分がようやく完了を迎えようとしています。この改良工事完成後、本丸のターミナルビル建替へと舵を切ることになります。現在の改良工事に2年の歳月を要しました。ターミナルビルの建替は遥かに大規模で難工事になることが予想されます。



関連記事
JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 デッキ受け替えが完了 ストリートテーブル三ノ宮は移設か?

2021年5月10日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅・三宮ターミナルビル跡地のヤード。この秋以降に今後の開発の行方が決定していく予定と考えられていますが、コロナ禍の中でJR西日 …
JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 建物縮小続く 北側アーケード付近で基礎工事が進む? JR西新社長就任で新駅ビルの行方は?

2019年12月3日
こべるん ~変化していく神戸~
解体工事が進むJR三ノ宮駅の三宮ターミナルビル。11階の解体が進み、外観からもその縮小ぶりが明確になってきました。11階を覆っていた上部 …
JR三ノ宮駅改修構想

Street Table (ストリートテーブル)三ノ宮オープン JR三ノ宮駅前広場に音楽とグルメのアウトドアホール誕生

2020年12月21日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅前の三宮ターミナルビル解体跡地一部を新駅ビル始動前に暫定利用する方向が示されていましたが、神戸市、JR西日本、神戸新聞で構成 …
JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 7階の解体工事と北面アーケード壁構築 TC逆クライミング

2020年2月15日
こべるん ~変化していく神戸~
皆さんから連日心温まるコメントを頂いており、心がジーンとしています。長くブログを続けるには健康な身体が基本である事を痛感しました。働き方 …

POSTED COMMENT

  1. JUNK より:

    確かに清潔感はありますけど、真っ白な壁は少しチープに感じます。
    駅ビル建て替えがあるから簡易なものにしているのかな?と思いましたが、それならタイミングを合わせて工事すればいい話なので構内は完成系なのでしょうね。
    今回は部分的にトイレを新設したり壁を美装化したりテナントを入れ替えたり、リニューアルと言うより部分改修といった印象を受けますね。

    改札内のトイレは本当に助かります!

  2. 須磨っ子 より:

    着眼点が変わっていると思いますが、改札内のトイレはJRとしては珍しく洋式・ウォシュレット完備とかなり充実したものとなっています(大阪駅のものでもウォシュレットは付いていなかったような)。
    駅構内の店舗については、徒歩数分の内にOPAやミントなどといったそういうものを集中的に扱う商業施設があるのにも関わらず、アパレルが入居するとは正直予想外でした。個人的には大阪駅や宝塚駅に開業したような「エキマルシェ」が開業したら便利だと考えていたので(わざわざそごうなどに行かなくても、惣菜が手に入る)、残念という感が少しあります。
    後は東口や中央口付近もそうですが、南側にあったマネケンがどのような姿で戻って来るのかが個人的な関心事です。

  3. 夢想家 より:

    テナントの顔ぶれをも見ても、「ファッションの街・神戸」を意識して、レディースファッション、雑貨のお店を取り揃えており、私には無縁ですが、華やかになってよろしいんじゃないでしょうか?
    駅降りたら、お土産店とか、フード系ばかりだと、何処にでもある地方の駅ビルっぽくて、いまいちだと思います。
    それとターミナルビル建て替え時は、オーパが閉店になるわけで、その期間少しでも女性客をつなぎとめておく考えがあるのではないでしょうか?
    本格的な駅ビル建設前に、従来の飲食店も着々とリニューアルしており、建て替え時の減収を少しでも抑えようという意図を感じます。
    駅自体の改修がシンプルなのは、駅ビル新築後に、駅自体もそのクオリティーにあわせて、いずれ大規模な改装をするつもりがあるんじゃないでしょうか。(何年先になるか分かりませんが・・・)

  4. 旅人 より:

    とりあえず今現在ある建物の中が綺麗になるのはいい事ですよね。(日々関わることはないですが・・)
    楽しみは次のターミナルビルですがこべるんさんのおっしゃる通り、現在あれだけ地下街やビルなどがある中で予定では160Mの超高層ビルを建てるのですから大変な難工事なんでしょうね。
    建築に素人の私には基礎工事だけでもどんな風にするのか見当もつきません。
    まずは一日も早く完成予想図が見たくてたまらないですね。

  5. しん@こべるん より:

    JUNKさん

    まあまだ駅ビル建替完成までは10年あるので、今回は繋ぎ的な改修と基本構造の一部変更ということに留めてしまっている可能性もあります。今後の具体的な動きを注視していきましょう。

    須磨っ子さん

    大阪駅程スペースの余裕がない三ノ宮駅ですが、宝塚のような郊外駅ではなく紛れもない都心駅なのでこういったテナント構成になったのだと思われます。まだ二階部分やトイレ跡がどうなるのか分かりませんので来月まで待ちましょう。マネケンはいつもあの匂いがたまりませんね。再出店するはずですよ。

    夢想家さん

    OPAは駅ビル建替後どうなるのでしょうね。中央通辺りもしくはそごうを絡めた再開発で戻って来てくれるのが一番ですね。最終形態は今後明らかになっていくことでしょう。

    旅人さん

    最終的にどういった駅改修と駅ビルになるのか。これが一番気になるところですね。単なる三ノ宮ターミナルビルの建替えではないので、これからの三宮を担う次世代型開発になるはずですので。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です