三宮3丁目ホテル計画

(仮称)カンデオホテルズ神戸トアロード 三宮3丁目ホテル計画



三宮3丁目はトアロードと中央幹線角地で建設の始まった(仮称)カンデオホテルズ神戸トアロード新築工事。大型のクローラークレーンが敷地いっぱいにジブを横たえています。



4棟の建物を集約した再開発となりますが、やはり大型クレーン車が入ると、狭く見えます。



工事予定を見て驚いたのですが、作業内容が既存建物地中障害物撤去工事となっています。既存建物の基礎はすでに撤去されていたのかと思っていましたが、まだ残留しているようです。



ゲートが開いていました。敷地内に既成杭が確認できます。地中障害物撤去と杭工事を同時に進めるということでしょうか。



仮囲いに許可証類が掲示されました。労災保険関係成立票の期間を見ると、完了日が平成30年1月31日となっています。当初のホテル開業予定は来年末でしたが、工事開始の遅れからか、開業予定も少しずれ込む可能性が出てきました。



隣接する三澤ビルも外観の改修ですっかり綺麗になりました。両隣が新築ビルとなるので化粧直しは必須です。



おまけですが、カンデオホテルズ神戸トアロードの建設地から目と鼻の先にあるJR元町駅前角地の林ビルが外観改修工事中です。工期も長く足場や養生ネットもかなりかっちりとしたものが使用されています。かなり目立つ立地にある建物ですので、フレッシュでアイマークになる外観に生まれ変わって欲しいと思っています。



関連記事

POSTED COMMENT

  1. ニコちゃん大王 より:

    カンデオホテルズは、南海和歌山市駅の再開発にも入居するようです。
    すごい勢いですね。

  2. kingi より:

    やはり1ヶ所再開発されると周辺にも波及するんですね
    阪急ビルが本格的に建設され始めるとあの一帯にも波及しそうですね

    既に三宮センター街1丁目の地価は16%上昇したという記事が出てました
    地価が上がるのは決して良いことばかりではありませんが
    評価が高まっているのは嬉しい事です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です