こべるん ~変化していく神戸~
ビルからの眺望

神戸市庁舎1号館24階展望ロビーから眺める完成間近いプロジェクト

久しぶりに神戸市庁舎24階展望ロビーを訪れました。ここから眺める三宮がどう変わっているのか楽しみにエレベーターを降りてまず北側に向かいました。



外観がほぼ完成した神戸阪急ビル東館。既に航空障害灯の設置及び点灯も開始されているようです。



三宮駅前に聳えるの新旧のランドマーク達。神戸国際会館と神戸阪急ビル東館は色調も同様のアースカラー系に揃いました。今後、聳える予定のバスターミナルビルの外壁もイメージはアースカラーです。JR駅ビルもその系統になる可能性が高いかもしれません。駅周辺はライトブラウンの高層ビルに囲まれるのでしょうか。



三宮中央通りのダイワロイヤルによるホテル計画である(仮称)神戸市中央区三宮町プロジェクト。基礎工事が進行しています。



姿を現したザ・パークハウス神戸三宮。周囲の建物と比べるとタワーマンションです。



しかし真のタワーマンションに囲まれるとやはり大きさの違いは一目瞭然です。



東遊園地の南側で着工しているこどもの本の森 神戸。中央は花時計の上にあるのは施工者である竹中工務店の建設事務所です。



東遊園地全体の再整備工事は来年から開始されます。



最後はウォーターフロントエリアの新港町。手前に駐車場棟の屋上。そしてクレーンはGLION本社ビルを建設しています。



両隣にベイシティタワーズ神戸が立ち上がってくるとより存在感が大きくなるでしょう。高層ビルの林立感が更に高まります。神戸市庁舎を挟んで南北の景観はこれからまだまだ変化を遂げていく事になります。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. H より:

    JR三宮駅を中心とした回遊デッキのコンペの図にJR新駅ビルが描かれていましたが、既出でしょうか

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です