三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルの解体工事を開始!最大級のプロジェクトが動き出した



先週、とうとう計画概要や完成イメージが発表された神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。通称「バスターミナルI期ビル」は地上32階 地下2階 延床面積98,570平方メートル 高さ163mの超高層複合ビルで、2027年の完成予定です。いよいよ再開発対象街区内の既存建物の解体着手段階に至り、敷地内で最も北側にある商業施設「サンパル」が先行して閉館。解体撤去工事が開始されました。



また事業主となる雲井通5丁目再開発株式会社は他社のプレスリリースには掲載されていない南側から眺めた完成イメージを公開しています。阿倍野ハルカスも思い起こさせるデザインです。

プロジェクト概要

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業



事業名称 神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業
施行者 雲井通5丁目再開発株式会社
施行区域 兵庫県神戸市中央区雲井通四丁目345番の一部,346番,347番の一部,同五丁目301番, 302番,303番,317番,318番,319番,320番の一部
区域面積 約1.3ヘクタール
敷地面積 約8,230㎡
延床面積 約98,570㎡
建物構造 鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造
階数/高さ 地下2階 地上32階 塔屋2階/約163m
主要用途 商業施設、バスターミナル施設、公益施設、業務施設、宿泊施設 公共施設
設計 大林組 三菱地所設計 坂茂建築設計 東畑設計事務所
施工 大林組

解体着手 2022年6月
完成予定 2027年頃

市道葺合南146号線を幅員18mに道路拡幅





バスターミナル

bustabuild05.jpg

bustabuild08.jpg

バーティカル・パッサージュ

bustabuild07.jpg

三宮図書館

bustabuild06.jpg

屋上庭園



EVOL HOTEL KOBE





屋外歩廊空間











かつて風車が施設のシンボルであったサンパルの西側や雲井通小公園を囲むように仮囲いの設置が開始されました!工事車両が搬入さやすしいように歩道はアスファルト舗装に転換し、仮設スロープもできました。恐らくこの場所に搬出入用ゲートが設置されるのではないかと思います。



仮囲いは軒に沿って北側へと徐々に伸ばされています。



仮囲いにはビル内で営業していた店舗の移転先を案内する掲示が複数ありました。



解体工事を施工するのはプロジェクトの特定業務代行者である大林組。解体後、新築ビルの施工も担います。解体は来年10月中旬まで継続される予定です。



北側で歩道を封鎖して建物の外周のあちらこちらのボーリング調査を行っています。



シャッター街となったサンパルのあじさい通りに面した路面店街。今月中にこちら側にも仮囲いが設置されるでしょう。



まだ唯一、ベーカリーのケルンのみが営業しています。既に移転先は決定しており、移転先での営業再開日を調整中のようです。この店舗の移転後、完全なる解体開始が進められる事になります。



あじさい通りの西側正面にはちょうど神戸三宮阪急ビルが聳えるアングルになっています。再開発後と再開発前の新旧コントラストが明確です。あじさい通りは既に現在も事実上の歩行者専用道路なので、電線地中化は必須として、今回の再開発にて、さんきた通りのようにプロムナード化するべきでしょう。



雲井通5丁目の再開発が始動しますが、6丁目の開発始動時期も早める事は出来ないでしょうか。



雲井通の再開発が始動する事で、中央幹線を挟んで南向かいのエリアも今後、そのポテンシャルが引き上げられる事になり、新たな開発が誘発されてくるのではないかと思われます。今後の展開に大いに期待しています。

関連記事
三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目第一種市街地再開発事業 サンパルの解体は5月以降に着手予定!街区内で先陣を切る!?

2022年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ2022年度に始動する雲井通5丁目市街地第一種再開発事業。都心の駅前に立地する約0.8ヘクタールの敷地に存在する再開発ビルや公共 …
三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画認可と計画概要を公式発表! 次世代のランドマークタワー誕生!

2022年6月4日
こべるん ~変化していく神戸~
一昨晩、神戸新聞が単独でスクープ記事を掲載し、神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業のイメージパース数点が公表されていました …
三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルに続いて勤労会館の解体撤去工事にも着手 東横INN閉館を待って街区全体の解体開始

2022年8月25日
こべるん ~変化していく神戸~
大林組の施工により、サンパルの本格的な解体が開始されている雲井通5丁目の大規模再開発プロジェクト。地上32階・高さ164mの超高層複 …
三宮バスターミナル計画

雲井通5丁目再開発ビル内の新・神戸文化ホール整備にかかる設計等・管理運営計画策定支援業務委託事業者決定

2022年6月18日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目に計画されている再開発ビルの低層部4-8階に整備される予定の文化大ホールは、1,800席程度を想定しています。 この大 …
三宮バスターミナル計画

今年5月にバスターミナルビルの再開発会社設立

2018年2月10日
こべるん ~変化していく神戸~
今年の5月にバスターミナルI期ビルの事業者となる再開発会社を設立する方針を神戸市が固めたと神戸新聞が報じました。株式会社で株式の半分を神戸市、神戸すまいづくり公社が15%、兵庫県が …
三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 開発街区内建物全てが足場・防音パネルに覆われ始める 来夏の着工に向けて本格解体へ

2022年11月23日
こべるん ~変化していく神戸~
先週には雲井通5丁目再開発株式会社より概要と図面の発表が行われた雲井通5丁目再開発のバスターミナルI期ビル。今年5月よりサンパルの閉 …
三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目第一種市街地再開発事業 サンパル内のテナント移転が開始されている 解体は来夏頃から開始か

2021年9月1日
こべるん ~変化していく神戸~
既に今年3月に施行認可が下りている神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。中央区総合庁舎、勤労会館、東横イン、そして再開発ビルの …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    5年後か。楽しみですが長いですね(笑)。
    大阪梅田ツインタワーズ・サウスのように、商業・ホールエリアとバスターミナル部分が先行オープンとかは無いんですね。

    • しん@こべるん より:

      阪急も長いと思っていましたが、開業してみると、あっという間だった気もします。今回は同時進行でJRや2号館の開発も進むので、気は紛れるのではないかと思います。二段階の先行開業があると、それはそれで良いのですけどね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です