三宮

TAKAI B.L.D北長狭通が完成 生田新道では3棟目のTAKAI B.L.D



生田新道・北長狭通1丁目で建設の進んでいたTAKAI B.L.Dが竣工しました。鉄骨造地上10階建のテナントビルで、設計は高井商事の物件を複数手掛けてきたエヌ・エイチ・ケイ日本ハウス神戸です。



生田新道から見ると非常にスリムな建物です。周囲の建物もスリムですが、更に他の建物よりも高さがあるので、スリムさが際立っています。



これまで高井商事は、売却された既存ビルを取得して、その外装をコンクリート打ちっ放しのスタイリッシュな外観に仕立てるリニューアルを施してきましたが、今回は新築ビルをこのパターンの外装で仕上げました。



ただ新築ビルらしく、開口部は大きく設計されており、各フロアから生田新道を見下ろす眺望が確保されています。建物はL字型です。



側面部にも開口が複数設けられています。内部は二面に開口がある為、非常に明るい空間が確保されているようです。



東面1階の壁面にテナントサインが設けられています。



エントランスとエレベーターホールはテナントサインの横に配置されています。



1階のテナントは既に決定しているようです。内装工事が進行していました。



立地的に飲食店やサービス系のテナントが入居する事が想定されます。



高井商事は北長狭通にも複数の物件を保有ひています。いずれもTAKAI B.L.Dの名称が与えられているので、これ以上増えてくると、目的のテナントがいずれかに入っている場合、どのTAKAI B.L.D?と迷う事もあるかもしれません。

関連記事
三宮

フラワーロード・旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)他の解体撤去工事が完了 信和不動産は一等地の再開発をどう進めるのか?

2023年12月6日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮北側のフラワーロード・加納町の旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)及びエピファニービル、コインパーキングを含めた7 …
三宮

大丸前スクランブル交差点前で建物内外装の工事が進む コロナ禍明けを睨んだテナント出店が加速するか!?

2021年11月9日
こべるん ~変化していく神戸~
コロナ禍の中で三宮、元町、旧居留地の路面店や飲食店が多く閉店を余儀なくされました。中には老舗や長期に渡って営業していた店舗も含まれま …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です