JR三ノ宮新駅ビル

Street Table (ストリートテーブル)三ノ宮オープン JR三ノ宮駅前広場に音楽とグルメのアウトドアホール誕生

JR三ノ宮駅前の三宮ターミナルビル解体跡地一部を新駅ビル始動前に暫定利用する方向が示されていましたが、神戸市、JR西日本、神戸新聞で構成するJR三ノ宮駅前にぎわい創出実行委員会がイベント広場の整備を行う事を決定しました。



イベント広場の名将は「Street Table(ストリートテーブル)三ノ宮」。



仮囲いを取っ払うのかと思っていたのですが、仮囲いを設置したまま出入口での自動検温と人数制限を行う形での広場整備となりました。



内部の様子です。簡易の鉄パイプで造られた柱や梁を使って吊られた電線に照明が取り付けられており、夜間にもイベントを開催できるようになっています。



広場内には特設ステージも設けられており、週末を中心にバンド演奏が行われます。



テーブルやフードスタンドも設けられおり、地酒やワイン、スープにおでんとこの季節ならではの体を温まるグルメを楽しみながら、音楽イベントに酔いしれる事が可能です。駅前のオープンエアライブ・バル空間として集客と賑わいをもたらす事が期待されます。



新駅ビルの計画が進められる事が想定される来秋までの約9ヶ月間の期間限定アウトドアホールが誕生しました。新駅ビルと共に整備が予定される三宮クロススクエアのイベント広場の社会実験的な意味合いも持っています。実際の運営は一般社団法人リバブルシティイニシアティブが担っています。



先週の日経新聞にも遅れの生じているJR新駅ビルについての記事が掲載されました。コロナ禍の中でJR西が巨額赤字を計上した事だけが、計画の遅れの要因ではなく、バスターミナルビルや神戸阪急の建て替え等の周辺で構想のある再開発プロジェクトの内容や規模が全く見えない中において先行する事がリスクになり得るという当ブログでも触れた事のある分析を行っていました。



南側の仮囲いに設置されている作業予定を示す電光掲示板は最近、解体作業がひと段落した事もあって消灯していたりもしていましたが、再度、稼働しており、先週までの工事内容をスロープ・南デッキ整備工事としていました。



デッキやスロープの整備とは一体どの部分を示しているのでしょうか。これまではこの解体工事の完了をひとつの区切りとして、新駅ビルの概要判明時期として考えてきましたが、新たに設定された区切りは来年10月です。この時期についてもワクチン接種とその効果による社会の安定化に前後させられるのかもしれません。
関連記事
JR三ノ宮新駅ビル

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 全面に防音パネル取付開始 新駅ビルに課されたハードル

2019年6月24日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅の三宮ターミナルビル撤去工事は仮設作業が大詰を迎えつつあります。西・北面から開始された防音パネル取付も南面に波及し始めました。  …
JR三ノ宮新駅ビル

JR三ノ宮駅ビル開発準備工事からJR三ノ宮駅ビル新築他工事へと工事名称変更!設備撤去工事から何らかの構造構築も開始

2024年3月11日
こべるん ~変化していく神戸~
先週、とうとう起工式が開催されたJR三ノ宮駅ビルの建設される南側駅前広場。既に地下駐車場や三宮ターミナルビル一部を残して既存設備や施 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です