旧居留地

F・O・インターナショナルが本社を磯上通に移転 旧本社屋は売却


三宮中央通りに本社を構えていた子供服・ベビー服のセレクトショップを展開するF・O・インターナショナルが本社及び営業本部オフィスの移転を行いました。


同社は1998年に西区で創業。その後、神戸市内にて数年おきに本社移転を繰り返すと共に店舗網を急拡大し、20年で全国に300店を展開するまでに急成長を遂げました。


三宮中央通りの本社は2009年より10年に渡って保有。


1階には同社の看板ブランドであるBREEZEの路面店がまだ営業中です。


旧本社ビルは南北を大通りに挟まれており、東にホテルケーニヒスクローネ、南に大丸という好立地です。しかし建物自体はかなり古く旧銀行ビルを改築して利用していました。今後は建て替えを含めた土地活用の行方が気になります。ホテルやオフィス用途の新築ビルを建設し、1-2階に三宮中央通りのカフェ・スイーツストリートを盛り上げるテナント出店を期待したいですね。生田ロードのカフェを閉めてしまったアンテノールの復活なんて面白いのではないでしょうか。もしくはアンリシャルパンティエのカフェメゾン。

sannoplaza09.jpg

ちなみにF・O・インターナショナルの新本社は磯上通7丁目の三宮プラザEAST。イーライ・リリーの旧本社です。6-8階の3フロアに入居。同ビルには富士通ソフトウェアテクノロジーズの神戸事業所も2フロアに入居。昨年9月の神戸のオフィス空室率はCBREによると過去最低の1.9%を記録。三宮1丁目や2丁目に新たなオフィス開発用地が現れた事になりますが今後の動向に注視が必要です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です