旧居留地

明石町ビル解体工事

akashibiru01.jpg

解体工事ネタが続きますが、旧居留地は明石町筋にある泰和ビルの解体状況です。1971年竣工の地上9階、地下1階のオフィスビルでしたがすでに6階程度まで解体されています。

akashibiru02.jpg

気になるこのビルの跡地の活用法ですが、現オーナーによるビル建替という情報もありましたが、仮囲いに都市環境開発社の名前が掲示されました。どうやら同社に売却された模様です。同社は主に分譲マンションや住宅開発を主体としたデベロッパーです。旧居留地のオフィス街のど真ん中のビル跡地をどう開発するつもりでしょうか。この由緒正しき業務・商業地区にはくれぐれもマンションの建設は控えて欲しいと思います。

akashibiru03.jpg

隣り合うあいおいニッセイ同和損保神戸ビルは耐震と改装工事が行われてきましたが、取材日には養生ネットと足場が撤去中でした。完全に工事完了後に再度、取材したいと思います。夜間の照明演出等にもリニューアルが加えられていると嬉しいですね。

akashibiru04.jpg

前述の都市環境開発社が同じく購入した海岸通の商船三井興産ビルは解体工事が終わりました。瓦礫もほぼ撤去されました。

akashibiru05.jpg

同社はこの場所に分譲マンションを計画しています。この場所にはマンションでも致し方ありませんが、どうか旧居留地はその場所に相応しい開発をお願いしたいです。自社ビルを建設して、本社を大阪・淀屋橋から移転して頂くのが一番です。



関連記事
旧居留地

ホテルトラスティ神戸 旧居留地が3月31日で閉館 コロナ禍でホテル過剰供給によるホテル業界再編が始まる!?其のニ

2022年2月16日
こべるん ~変化していく神戸~
旧居留地内浪花町のフィリピン領事館跡の再開発によって2009年3月にオープンしたスタイリッシュなホテルトラスティ神戸 旧居留地は地上13 …

POSTED COMMENT

  1. 翔@KOBE より:

    明石町筋の開発、気になりますね。
    業務、商業の地区がどんどんマンションなどになっていく今の神戸を見てると、ここもそうなってしまうのではと思ってしまいます。低層部は店舗、上はオフィスといったビルを
    期待したいです。

  2. XEGA より:

    結局温泉の掘削は成功したようですね。
    http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201508/0008337220.shtml

  3. ぺんぺん より:

    大丸のディーン&デルーカ閉店するんですね。ショックです(-_-)

  4. しん@こべるん より:

    翔@KOBEさん
    情報によるとオフィスビルの可能性が高いようです。少しほっとできますが、計画がはっきりするまでは安心できません。

    XEGAさん
    出なかったという結末だと悲観過ぎるので出てよかったです。

    ぺんぺんさん
    閉店なんですね・・・。大丸食品フロア改装の話題に大きな一役を果たしましたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です