ポートアイランドII期

医療産業都市に千寿製薬が進出

tocaro07.jpg

神戸市は4日付けのプレスリリースにて「マイティア」ブランドで名の通った大阪の眼科製薬メーカーである千寿製薬の神戸医療産業都市進出を発表しました。千寿製薬自身も今回の進出についてプレスリリースを出しました。

進出地は第一三共の100%子会社であるアスビオファーマが鹿島リースから賃借していたビルです。同社は第一三共が業務の効率化・生産性向上を理由に解散し、研究拠点を東京に集約することを決定。150人の要員は東京に転籍となり、神戸での操業は前月で終了しました。

アスビオファーマが抜けた後、このビルの後継がどうなるのか非常に気になっていました。建物規模は地上6階、延床面積約16,000平方メートル。製薬企業の一棟借りが望ましく、大日本住友製薬が自社拠点を設ける構想があったので、同社の進出を密かに期待していたのですが、残念ながらそれは実現しませんでした。

しかしながら少なくとも後継として、製薬メーカーによる進出が実現に至った事にはホッとしました。千寿製薬は先月、大阪市中央区瓦町に新本社ビルを竣工させたばかりですが、更にはこの建物を取得した上で、神戸市内に散らばる研究開発拠点を集約。

同社の昨年の決算では売上高379億円、従業員数は911名の中堅製薬企業です。今年10月からこの新研究開発拠点を稼働を開始し、200名弱が勤務予定です。これは医療産業都市内においても最大規模の民間研究施設になります。

眼科医療は神戸医療産業都市において重要なポジションを占めるようになっており、昨年は神戸アイセンターが開業したり、理研チームによるiPS細胞を用いた網膜治療が成果を収めたりと、今後もますますその重要性を増していくものと思われます。そんな中での千寿製薬の拠点集約は同都市にプラスに働くものと期待されます。



関連記事
ポートアイランドII期

新粒子線治療施設着工とあんしん病院増床

2015年11月14日
こべるん ~変化していく神戸~
兵庫県立こども病院の敷地内で計画されている「小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設」。この建設工事が本格的に開始されました。建設工事現場には複数の重機が稼働しており、杭打工事の真っ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です