ポートアイランドII期

中央市民病院増築工事と次世代バイオ医薬品製造技術基盤開発施設

medical205.jpg

医療センター中央市民病院が増築工事を開始しています。増築を施工している敷地は低層の北館と立体駐車場の間の細長い土地です。

medical206.jpg

施工は明和工務店が一般競争入札制度によって約12億円で受注しました。

medical207.jpg

増築部分はこのように鰻の寝床のように細長い敷地ですが、奥側にはまとまったスペースがあります。

medical208.jpg

奥側のスペースでは三点式パイルドライバが稼働して杭打打設工事の真っ最中でした。今回の増築部分の用途としては

•混雑緩和等のための外来診察室の拡充
•救命救急センターの拡充

が挙げられています。

北棟増築部分の概要
構造: 鉄骨造(制震構造)一部RC造
規模: 地上4階 地下1階
延床面積 : 3,645.41平方メートル

medical_197.jpg

北館増築部分とその他施設の位置関係です。

これは撮影後に調べて分かったことですが、北館の増築に加えて南館も増築されるようです。

南館増築工事も目的は会議室、人材育成センターなどの研修施設の拡充他とされています。

南棟増築部分の概要
構造: 鉄骨造
規模: 地上3階
延床面積 : 3,078.425平方メートル

北棟増築部は2016年7月末に竣工予定です。市民病院を運営する神戸市民病院機構は中央市民病院の他、兵庫区にある西市民病院の改修・増築も実施予定です。

medical204.jpg

計算科学機構の向かいで建設中だった次世代バイオ医薬品製造技術基盤開発施設も竣工しました。こちらも中央市民病院の増築工事と同じく明和工務店による施工でした。

medical203.jpg

でもなぜか神戸大学の文字が建物頂部に取り付けられています。施設の運営者である「 次世代 バイオ医薬品製造技術研究組合」は神戸大をはじめとする国内29の企業と大学(日立製作所、シャープ、三菱化学、第一三共、TOTO、島津製作所、神戸大、徳島大等)が設立しました。敷地は神戸大の施設に隣接しています。



関連記事
ポートアイランドII期

大和ハウスが新たなレンタルラボ施設を医療産業都市に開設 ものづくり共創拠点建設地や長瀬産業進出地に近接

2024年4月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市はポートアイランドII期地区医療産業都市内は、ポートライナー計算科学センター前駅近くの市有地にて、ウェットラボを中心としたレン …
ポートアイランドII期

神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター(ICCRC)新研究棟 メドテックイノベーションセンター

2024年4月6日
こべるん ~変化していく神戸~
ポートアイランド医療産業都市の北側にある神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター(ICCRC)の敷地内にあった駐車場を活用し …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です