こべるん ~変化していく神戸~
ポートアイランドII期

KCMI神戸医療イノベーションセンター新築工事とトーカロ本社社屋新築工事

pilot54.jpg

いつの間にか最後にポーアイに取材に行ってからすでに2ヵ月が過ぎてしまっていました。京コンピュータ前駅前で建設中の大型研究オフィスビル「KCMI神戸医療イノベーションセンター」。神戸市の外郭団体企業である(株)OM神戸が施設を建設・運用し、神戸医療産業都市内で需要の逼迫しているレンタルラボスペースの確保・供給を行います。地上5階建て、延床面積9,467.30平方メートルの建物内には32区画のレンタルラボが整備されます。

pilot57.jpg

安井建築設計がデザインしたその特徴的な外観がすでに完成を迎えようとしています。

pilot55.jpg

建築中は最外装に垂直方向に軽量鉄骨のマリオンが無数に取り付けられていました。それはこの特徴的なアルミパネルでファサードを覆うための下地でした。

pilot56.jpg

低層階はまだ鉄骨の下地材が見えています。

pilot58.jpg

建物の西側は大きな箱が飛び出しているかのようです。

pilot53.jpg

ポーアイII期地区に建設される建物は神戸では珍しくとても斬新で前衛的な意匠を持つ建物が多く存在します。このエリアでは景観審議会の影響が及びません。神戸で新しく風変わりな建物が最も集積しているのはこのポーアイII期地区を置いて他にありません。これまでは京コンピュータ前駅前付近は先端医療センター駅周辺と比較するとまだまだ空地が多く、閑散としていましたが、この建物の出現で大きく様変わりしそうです。

tocaro01.jpg

KCMI神戸医療イノベーションセンターから1ブロック西の角地では現在、東灘区・深江に本社を構えるトーカロが新本社屋を建設中です。同社は金属や非金属などの加工対象物の表面に、セラミックスなどの異材質による新しい高機能皮膜を形成する溶射技術による表面改質を提案する業界トップ企業です。

tocaro02.jpg

現在、建物の基礎工事が進行中です。すでに杭工事は完了し、掘削された敷地には型枠が設置されています。配筋とコンクリート打設がこれから行われていくものと思われます。その後は鉄骨建方が待っている事でしょう。

ここ最近の医療産業都市で建設される新しい建物は官製に傾倒しがちでした。民間企業の本社ビルが着工した事はエリアのバランスを考慮しても望ましいです。京コンピューター前駅周辺も先端医療センター前駅並みの建物の集積と密度が見られるようになる頃には進出企業・団体数も目標の500に到達している事でしょう。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です