ウォーターフロント

神戸港湾労働者福祉センター解体跡地 今後の開発の行方は?



中央区波止場町にあった神戸港湾労働者福祉センター。げんざ、既存建物の解体が完了しており、完全な更地となっています。



暫くの間、更地の状態が継続していましたが、再び重機が入って工事が再開されました。



既存建物の地中障害物撤去工事が開始されたのでしょうか。通常、地下躯体の撤去は新たな建物を新築する際にセットで行われますが、次の建物を建設する目処が立っているのでしょうか。

希望としてはここにコーナンを移転して、コーナンのある篠崎倉庫はホテル等、その場所に相応しい用途での土地活用をお願いしたい限りです。元来、ホームセンターが立地する場所ではありません。



しかし敷地面積としては役不足でしょうか。神戸港湾労働者福祉施設は新港町エリアに多く存在していましたが、ポートオアシスの建設による施設の集約化やホテルオークラ神戸の北側に建設されたサニーピアへの移転が行われた後に新港突堤西地区再開発が開始されました。



このエリアには他にも国産上屋1〜3号館等の老朽化した倉庫群が並びます。ただメリケン波止場の埋め立てによってかつてここにあった岸壁は南側に大きく後退し、ウォーターフロントは遠のいてしまいました。



また目の前には浜手バイパスの高架道路が視界を大きく遮っており、どのような土地活用が望ましいのか、悩ましいのも事実です。ウォーターフロントの集客施設としては、中突堤中央ビルやかもめりあや北側のロータリーを含む敷地の再開発が優先されます。発足したばかりの神戸ウォーターフロント開発機構の腕の見せ所でしょうか。

関連記事
ウォーターフロント

北公園・ポーアイしおさい公園から眺める神戸都心2022年初冬 スカイラインの拡大が進み始める

2022年1月10日
こべるん ~変化していく神戸~
約1年ぶりにポートアイランド・北公園に行ってきました。ポートアイランドから眺める都心がどのように変化しているのかを確認したかったから …
ウォーターフロント

新港突堤再開発第三弾は第二突堤とその基部

2018年3月10日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸新聞は神戸市が新港第一突堤、突堤西地区に続く再開発第三弾について第二突堤とその基部にホテル等の集客施設の誘致を想定して調整中と報じました。第二突堤にはまだ北側に一部の上屋が残っ …

POSTED COMMENT

  1. ABC より:

    阪神高速3号神戸線の老朽化がかなり進んでいるはずなので、改築を目的とした移設をこの跡地を通るルートでできれば国道2号上空がすっきりする・・・とは思ったものの、サニーピアが出来てるのでそれは難しいですかね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です