市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 切梁構築完了・杭頭処理が進行中

 

神戸市役所本庁舎2号館跡地の南側で、建設予定の新庁舎とオフィス、ホテルの複合開発に先駆けて、各庁舎の中央に位置する連絡ロビーとエネルギーセンターの機能を備えた施設を建設しています。

プロジェクト概要

仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事



所在地 神戸市中央区加納町6-5-1
事業主 神戸市都市計画局
敷地面積 9,512.87平方メートル
建築面積 973.93平方メートル
延床面積 4,579.32平方メートル
高さ 49.28メートル
構造 鉄骨造/鉄筋コンクリート造
階数 地上8階/地下1階
用途 事務所・機械室
設計 神戸市都市局都心三宮再整備課
施工 明和工務店・関建工業JV
工事予定期間 2021年12月~2024年1月







現在の様子



既にシートパイル工法による山留が構築され、山留壁と対面の山留壁とをサポートする鉄骨の切梁が架けられました。



切梁は上下に二重で架けられています。乗り入れ構台を支える支柱も建て込まれていますが、まだ構台は乗せられていません。



掘削された底では捨てコンクリートが打たれた状態です。



そして所々に場所打ちコンクリート杭の杭頭の処理が終わった鉄筋がニョキニョキと突き出し始めています。



これらの杭頭に補強を施し、後工程に備えます。地下階は鉄筋コンクリート造になるものと思われます。



基礎の配筋を行い、型枠を組み立ててコンクリートを打設すると、鉄筋コンクリートの基礎が完成します。



7月に竣工した中央区総合庁舎の地下躯体の構築時の模様です(2021年4月頃)。同じ光景が今後、年明けまでには見られる事になるものと思います。この工事が行われている頃、2号館の敷地ではまだ既存建物の解体が進行中でした。



配筋を進める為の鉄筋が準備されています。



このペースで基礎工事が進むと、鉄骨建方が開始されるのはいつ頃になるでしょうか。来年の2月頃からタワークレーンが投入されて本格的に地上階の鉄骨工事になるでしょうか。



中央区総合庁舎が完成しないと、雲井通5丁目のバスターミナルI期ビルが着工できなかったのと同様に、この連絡ロビー・エネルギー施設が完成しないと、新庁舎・集客施設のタワービル建設を開始する事ができません。三宮の再開発はパズルのようにドミノ式にひとつひとつ駒を進めないと次のプロジェクトを動かす事ができないというジレンマを抱えながらも一歩一歩前進しています。
関連記事
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 地下階構築が進行中 フラワーロード地下通路との接続もスタート

2022年12月23日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工まで残り約1年となり、工期の半分の工程を終えた(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事。鉄筋コンクリート造の地下階躯体構築が …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 低層部の一部がお披露目 重厚感溢れる新庁舎に期待高まる

2022年2月1日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工まで残るところ約5ヶ月に迫った神戸市役所本庁舎3号館跡に建設中の新中央区総合庁舎。11月末には鉄骨工事が完了していました。現在は …
市庁舎建て替え計画

(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事の入札広告 図面から読み解く連絡ロビーエリアの様子やデザイン

2021年7月13日
こべるん ~変化していく神戸~
今秋に予定されている神戸市役所本庁舎2号館が解体工事の直後に跡地南端で建設開始が計画されている(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建 …

POSTED COMMENT

  1. maso より:

    仮設壁に展示されている写真に自分のものが展示されています
    それが映っていてちょっとうれしかったりします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です