市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 杭工事が進行中 丸五基礎工業の独断場



本格着工している市庁舎2号館跡の連絡ロビー・エネルギー施設。間もなく開館する向かいの新中央区総合庁舎・文化センターと合わせて、庁舎シティの再編第一段階を担うプロジェクトです。これらの再開発が完了すると、これまで静かな都心空間だった周辺は賑わいのあるエリアに変貌します。

プロジェクト概要

仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事



所在地 神戸市中央区加納町6-5-1
事業主 神戸市都市計画局
敷地面積 9,512.87平方メートル
建築面積 973.93平方メートル
延床面積 4,579.32平方メートル
高さ 49.28メートル
構造 鉄骨造/鉄筋コンクリート造
階数 地上8階/地下1階
用途 事務所・機械室
設計 神戸市都市局都心三宮再整備課
施工 明和工務店・関建工業JV
工事予定期間 2021年12月~2024年1月









重機が入って大掛かりな工事が進行しています。クローラークレーンが2機投入されています。この黄緑色のクローラークレーンは丸五基礎工業所有の重機です。



クローラークレーンにアースドリルを取り付けて掘削を行い、場所打ちコンクリート杭を築造しています。

丸五基礎工業は基礎工事のプロフェッショナルです。全国の様々な大型開発案件に関与し、基礎工事を請け負っています。神戸でも神戸三宮阪急ビルの基礎工事は同社が担当しました。



形成された鉄筋カゴが置かれています。削孔された内部にクローラークレーンでカゴを吊り上げて、建て込み、前回の記事で紹介したトレミー管を建て込んで、スライム処理した後、コンクリートを打設します。



杭工事が終わると、掘削の上、基礎と地下躯体の構築が開始される事になります。



掘削が終わった頃には、敷地北側に建設される新庁舎と集客施設を一体化した複合施設を建設する民間事業者とその計画概要案が明らかになっている事でしょう。誘致される外資系ホテルのブランドやグレード、規模が重要になってきます。万博開催期間には残念ながら間に合いませんが、訪日客を呼び寄せるにも外資ホテルが都心部に存在する事の重要性は高く、現在の開発スケジュールから更なる遅れは許されません。

関連記事
市庁舎建て替え計画

新中央区総合庁舎が完成・オープン 市役所本庁舎エリアの再編が開始される 旧庁舎解体で雲井通5丁目再開発本格始動

2022年7月26日
こべるん ~変化していく神戸~
7月19日に旧居留地・東町筋にあった神戸市役所本庁舎3号館跡地に中央区総合庁舎・文化センターがオープンしました。地上13階 地下1階 延 …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 鉄骨建方が敷地全体で進行 基壇部のピロティも構築が始まる

2021年7月22日
こべるん ~変化していく神戸~
地上躯体の建設工事が本格化した(仮称)新中央区総合庁舎他建設工事。大林組のオレンジマストが特徴的な2機のタワークレーンで鉄骨工事を進 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です