三宮

加納町3丁目プロジェクト TAKAI B.L.D新築工事が始動する デザイン性の高さに要注目



加納町交差点付近で進む既存建物の解体工事。老朽化したテナントビルの第一田村ビルが撤去されています。気になる解体後の開発ですが、どうやら高井商事が新たなプロジェクトを計画しているようです。

プロジェクト概要

加納町3丁目 TAKAI B.L.D 新築工事
事業者 高井商事株式会社
所在地 神戸市中央区加納町3丁目
敷地面積 130㎡
建築面積 117㎡
延床面積 964㎡
規模 地上10階
用途 共同住宅(65戸) 店舗 駐車場
構造 鉄骨造
設計者 株式会社エヌ・エイチ・ケイ日本ハウス神戸
施工者
竣工予定


建設予定の建物は地上10階建ての鉄骨造で、1階を店舗、2-10階が共同住宅という構成です。注目は設計者がエヌ・エイチ・ケイ 日本ハウス神戸である事。高井商事と同設計事務所の施工実績は、同じく加納町交差点に面して建設された布引町のTAKAI B.L.D。高井商事の本社が入居しているガラスカーテンウォールを曲面に採用したデザイン性の高いビルです。



また同じくこの2社がペアとなって取り組んだ実績は新神戸駅近くの熊内町に誕生したTAKAI B.L.D。コーナーにハイサッシを使ってバルコニーを設けないダイレクトビューウインドーを採用したデザインで、共同住宅のイメージを覆しています。

加納町3丁目の新プロジェクトもデザイン性の高さが注目されます。これら2棟に追従する住宅建築らしからぬ建物になるのではと期待しています。小粒の計画ですが、街の景観に与える影響は大きく、イメージパースが出てくるのが楽しみです。

関連記事
三宮

神戸ロフトが改装前のセールを実施中 4月にリニューアルオープンを予定するが新館4階のみの営業に売場面積縮小!?

2022年2月15日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸阪急新館の1-4階で営業してきた神戸ロフト。前身のそごう神戸店が西武百貨店を擁するミレニアムリテイリングに譲渡された暁に、テコ入 …

POSTED COMMENT

  1. S4 より:

    いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    ご存知かもしれませんが、ついに?布引アパートが
    プレジャーズコーポレーションというところで
    解体作業に入るそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です