三宮

(仮称)神戸・中央区中山手通2丁目新築工事 旧第一グランドホテル神戸三宮跡地の再開発プロジェクト



三宮・東門街の北側は料亭跡地に建設された新築ホテル「ホテルSUI神戸三宮」。それに隣接してコロナ禍前まで営業していた第一グランドホテル神戸三宮。




コロナ禍でホテル需要が落ち込むと、一時閉館し、その間に館内の改修工事に着手した模様でした。しかしその後もホテルの営業再開には実現せず、運営会社の破綻で建物と土地双方とも売却され、解体に至りました。



土地を取得したのはエスリード。繁華街である東門街では初の本格的な賃貸マンションの建設を開始しています。



プロジェクト名称は「(仮称)神戸・中央区中山手通2丁目 新築工事」。計画されている建物は地上15階 延床面積4,718.57平方メートル 総戸数172戸の賃貸マンションです。



床面積の割には戸数が多く、全てワンルームで占有される予定です。敷地面積は774平方メートルと、1,000平方メートル未満なので、住宅建設規制には引っ掛かりません。



この物件を含め、神戸都心部にあったセントラルシティが保有していた物件の多くは、現在、既存建物解体の上、建て替えが進められています。

ただ東門街には、これまで本格的な賃貸マンションは無く、ほぼ初ケースの物件となりますが、この繁華街のど真ん中に住みたいという一人暮らしの需要はあるのでしょう。



新築のテナントビルである長谷川ビルには1フロアを除き、全てにテナントが入居しました。第一グランドホテルの土地は新たなテナントビルの建設には規模が大き過ぎたのでしょう。



更に南側の伊豆ビル跡地もエスリードのマンション開発地に組み込まれており、2棟の建物の敷地を集約する形での再開発である事例です。



東門街側の低層部には全くテナントは入れない想定なのでしょうか。

東門街にあった唯一のホテルが震災で閉館し、長年に渡って放置されていた廃墟に再び息を吹き返えさせたにも関わらず、最終的には解体されてしまい、隣には新築ホテルが建設された事には悲哀を感じます。マンションの入居者は西側の部屋だと、生田の森が借景となり、都心にいながらも自然を感じられる生活が待っています。

その他のセントラルシティ保有物件や同社が一枚噛んだ物件についてはこちら。

あわせて読みたい
(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 本格着工に至る 周辺エリアでも不動産取得が継続 布引町4丁目で計画中だった(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事ですが、コインパーキングの閉鎖とフェンスによる仮囲いまでは予定通りト...
あわせて読みたい
(仮称)神戸市中央区元町通6丁目計画 敷地内全建物の地上部解体撤去が完了 旧ホテルシェレナ西館の解体工事が続く元町商店街西側エントランス周り。和田興産が取得し、敷地面積を1,000平方メートル未満に抑え...
あわせて読みたい
フラワーロード・旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)他の解体撤去工事 本格的な工事が進行中 11月末に完了予定 解体工事が本格的に進行しているフラワーロードの旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)他の解体撤去。既に上階からビルの...





関連記事
三宮

磯上通4丁目 旧ケーニヒスクローネ レアル プリンセサ・リカルディーナ磯上邸跡で新たな建築計画始動 10月末の完成予定?新たな店舗か

2023年7月18日
こべるん ~変化していく神戸~
2018年に閉店・解体された磯上通4丁目のケーニヒスクローネ レアル プリンセサ・リカルディーナ磯上邸。その後、5年に渡ってコインパ …
三宮

フラワーロード・旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)他の解体撤去工事 本格的な工事が進行中 11月末に完了予定

2023年8月7日
こべるん ~変化していく神戸~
解体工事が本格的に進行しているフラワーロードの旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)他の解体撤去。既に上階からビルの躯体 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です