三宮再整備

(仮称)磯上公園内体育館建設工事 地上階躯体工事が進行中 1階構築はほぼ完了か



磯上公園内のグラウンド北側で建設中の体育館は基礎工事が完了し、鉄筋コンクリート造の躯体構築が開始されました。この体育館の建設に伴って、公園や北側の道路までを含めた再整備に発展しています。

プロジェクト概要

(仮称)磯上公園内体育館建設工事



事業者 神戸市
所在地 神戸市中央区八幡通2-1
敷地面積
建築面積 1,660.90㎡
延床面積 3,087.22㎡
規模 地上2階
構造 鉄筋コンクリート・一部鉄骨造
設計 石本建築事務所
施工 湊建設工業
完成予定 2022年6月30日

1階:エントランスホール、休憩スペース、多目的室、トレーニング室、男女更衣室・シャワー室、授乳室、パウダールーム、倉庫等

2階:アリーナ

建設状況の様子



体育館の地上躯体がかなり立ち上がってきました。



地上2階建の建物ですが、アリーナの天井高は12mもあるので、実質は6階建の建物に相当する高さとなります。



新港町の再開発でも電線地中化が施設の開業に間に合っていなかったので、この通りの地中化は先行して進めて欲しいと思います。先行工事は既に行われていたと思います。



グラウンドからも立ち上がってきた躯体が確認できます。

施工を手掛ける湊建設工業では自社ホームページ上にて施工中物件の工事進捗状況を紹介しています。

https://minatokensetsu.co.jp/bukken/3735.html

1階のコンクリート打設が完了し、型枠解体後にいよいよ2階の配筋を開始するものと思われます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です