関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目オフィス 関電不動産神戸三宮ビルカーテンウォール取付と軀体工事進行中 タワークレーンが増える



来年2月竣工と神戸の都心では珍しく2年連続で新築オフィスビル新規供給の役割を務める関電不動産神戸三宮ビル。外装の完成に向けて刻々と工事が進んでいます。

プロジェクト概要

(仮称)三宮町一丁目オフィス



敷地面積 1,007.62平方メートル
建築面積 829.02平方メートル
延床面積 8,406.54平方メートル
高さ 56.1メートル
構造 鉄骨造
階数 地上12階
用途 事務所(3-12階) 店舗(1-2階 5区画)
設計 高松建設
施工 高松建設
竣工予定 2022年2月

https://sannomiyacho-1chome-office.jp/
物件公式サイト









建設状況の様子



このまま工事が進行していくと、年内には低層部を除いてファサードのお披露目が期待できそうです。風格と威厳も備え、規模も大きい割に、シンプルなデザインは周囲との調和を乱しません。



PCカーテンウォールの東西の外壁工事も順調のようです。



いつのまにか頂部のタワークレーンが2機になっていました。向かって左がこれまでの本設クレーン、右が新たに投入されたクレーンで、サイズは一回り小さいです。このクレーンの投入は本設クレーンの解体を意味しています。このクレーンが撤去されると、途中まで組み立てられていた塔屋の鉄骨建方を再開するでしょう。



周囲の建物より一際高い存在ですが、浮いている感はありません。既に溶け込みつつあります。



この三宮町1丁目の一角に建設工事が奇跡的に集中しています。来年は大和証券神戸ビルが竣工する事が期待されます。そうなると、3年連続の新規オフィス供給が継続する事になります。神戸のオフィス空室率はCBREによると6月期で2.9%と3ヶ月で0.6ポイント上昇しました。コロナ禍でのオフィス縮小、神戸三宮阪急ビルやGLIONアワーズビルの竣工等が要因と思われますが、史上空前の1%台からの改悪ですので、まだ需給バランスは需要の方が上回っていると言えます。
関連記事
関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目オフィス 関電不動産神戸三宮ビル 今月竣工予定 最終仕上げ工事が進行中

2022年2月10日
こべるん ~変化していく神戸~
今月中の竣工を予定する関電不動産神戸三宮ビル。三宮中央通りの新たなランドマークビルの誕生は最新高グレードオフィスビルの逼迫する三宮に …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です