ポートアイランドII期

(仮称)オープンイノベーション拠点ビル新築工事 鉄骨建方作業開始



前週に鉄骨工事直前の訪問をお伝えしていたポートアイランド2期地区・京コンピューター前駅(将来は富岳コンピューター前駅?)で建設中の(仮称)オープンイノベーション拠点ビル。再訪問のリベンジで鉄骨建方の様子を取材してきました。



敷地東側より強固に構築されて基礎の上に鉄骨が立ち上がっています。まずは2層分からスタートです。



敷地内にはこれから組立られる加工済の鉄骨が並べられていました。



取り敢えず現状で敷地の半分程でしょうか。



6階+塔屋なのでこれからまだ大きく成長する事になります。



イノベーションを起こす拠点としての有効利用を期待したいです。神戸医療産業都市においては神戸アイセンター病院にて健常者のiPS細胞から作った神経網膜シートを失明寸前の患者に移植する世界初の臨床研究を申請中との事で、世界が注目する医療技術の誕生が進められています。是非とも成功させて、医療産業都市の名をグローバルに広めて欲しいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です