新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 KPM神戸ポートミュージアムの外観完成が近づく



今秋の竣工・オープンを目指して建設の進む新港突堤西地区再開発エリアで最大の集客施設となる予定の文化施設「KPM 神戸ポートミュージアム」。アートと融合した次世代型水族館「atoa」やGLIONの運営するクラシックカーミュージアム、ポトマックのフードホール「トゥース マート フードホール&ナイトフェス」等が館内に誕生します。

(仮称)神戸新港文化施設棟新築工事

KPM 神戸ポートミュージアム



所在地 神戸市中央区新港町112番2
事業者 合同会社AQUART
敷地面積 5,328.12㎡
建築面積 3,062.85m2
延床面積 7,290.00m2
階数 地上4階 地下1階
用途 博物館 店舗
建物⾼さ 21.73m
構造 鉄骨造、鉄筋コンクリート造
設計者 大成建設
施工者 大成建設
竣工予定 2021年秋

建設状況の様子



開業まで半年あまりとなって、いよいよ建物の外観が完成を迎えつつあり、建物を覆っていた足場や養生ネットが撤去され始めました。



「隆起する大地と浸食する水により生まれた造形」を表現した建物が姿を現しています。



コンクリートが剥き出しの荒々しい外壁です。



フェリシモ本社と並んで神戸ウォーターフロントの新しいランドマークとして異彩を放ち始めました。



北側1階の外壁にほ荒々しいコンクリートとは大きく異なり、一面が煉瓦タイルに覆われています。外装がこれから更にどう仕上がっていくのか。屋上の緑化でどう印象が変わるのか。楽しみは尽きません。

横浜で全国初の都市型ロープウェイが開業しました。神戸港でも導入検討が行われていますが、その後の議論はどこまで進んでいるのでしょうか。

関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸のデザイン詳細判明 住友不動産・関電不動産開発が遂に物件プレスリリースを発表!

2020年11月28日
こべるん ~変化していく神戸~
ウォーターフロントの大規模再開発プロジェクト「三宮新港町計画」のランドマークであるツインタワーマンション「ベイシティタワーズ神戸」の …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です