新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST 躯体工事は25階に達する!上棟が見えてきた



新港町で建設中のタワーマンション・ベイシティタワーズ神戸WEST。建設工事が続けられていますが、前回の取材時であった11月末には20階に到達していた躯体構築は更に進み、周辺からはこの建物が聳え立つ様子が新しい風景を作り出しつつあります。

プロジェクト概要

ベイシティタワーズ神戸WEST/EAST













所在地 神戸市中央区新港町71番
事業者 住友不動産・関電不動産開発
敷地面積 WEST 5,300.07㎡ EAST 5,300.01㎡
建築面積 WEST 1681.98㎡ EAST 1,605.95㎡
延床面積 WEST36959.46㎡ EAST 36,593.83㎡
階数 地上27階 地下1階 塔屋1階
用途 共同住宅 一部店舗 WEST 349戸 EAST 353戸
建物⾼さ 102m
構造 鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年1月/2024年9月







https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/kansai/bct_kobe/
物件公式サイト

建設状況の様子



躯体工事は遂に25階に達しました。最上階である27階に到達する上棟までも秒読み段階に入りました。



集客施設が開業して賑わいの増す周辺エリア。その中で次第に成長してきました。新ウォーターフロント街区のランドマークタワー誕生が目前に迫っています。



このタワーの完成と共に足下の南側一帯に歩行者デッキと接続する約1,400平方メートルの緑地広場「ベイコート」が整備される予定です。



タワー基壇部に入居するテナントは既に決定しているのでしょうか。



ベイコートとデッキを連絡する外側の階段やエレベーターはもう間もなく供用開始に至るものと思われます。



上棟が近づいている為、既に周辺の建物と比較すると圧倒的な存在感を放っています。



メリケンパーク内から眺めても三宮・旧居留地の高層ビル群と一体化し始めています。EASTの建設工事も本格的になっており、着々とツインタワー化が進行中です。
関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 新港突堤西地区再開発 GLION Awa-s Buildingの外構工事も完了 来月の1-3階ショールームオープンに向けて内装工事が進む

2021年6月17日
こべるん ~変化していく神戸~
建物本体は竣工し、GLION本社もこの新築ビルに移転・稼働開始しています。その後、建物周辺の外構工事やショールームとなる1-3階の内 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 再び三点式パイルドライバ祭が始まる ウォーターフロントエリアの回遊性をどう高める?

2020年3月29日
こべるん ~変化していく神戸~
各工区で基礎工事が進む三宮新港町計画。工事の進捗に伴って一時、減少していた杭打機の三点式パイルドライバの稼働数ですが、ここに来て再び …
新港突堤西地区再開発

新港第2突堤とその基部の上屋や倉庫・事務所群の解体が大詰めを迎える 再開発がいよいよ始動へ

2022年3月18日
こべるん ~変化していく神戸~
新港町の再開発は西地区がツインタワーマンション以外は建設工事や道路改良工事も完了し、いよいよ次のステージである第2突堤周辺へと移行し …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です