垂水駅前再開発

リノベーション神戸・垂水中央東地区第一種市街地再開発 いよいよ本格着工へ!今週に起工か



既存建物の解体撤去が5月には完了し、遺跡発掘調査が行われていた垂水中央東地区市街地再開発エリア。この調査も終わり、デザイン審議についても協議成立となりました。



着工に向けた最終的な建築計画のお知らせが掲示されており、着工は10月1日頃とされていましたが、その日付を過ぎて、いよいよ着工が間近に迫っています。



野村不動産が事業協力者となり、竹中工務店が設計、施工を担当する地上32階 高さ114mの高層棟と低層棟から構成される再開発プロジェクトが遂に始動します。10年以上も停滞を続けたまちづくりがようやく動き出します。



作業予定です。いよいよ10月3日(火)に安全祈願祭が執り行われる予定です。再開発組合、事業協力者、補助金を交付する県や市、施工者等の関係者が集い、通常はこれを起工式として、正式着工とされます。



すっかり更地の状態となった再開発予定地。今後、三点先パイルドライバ、クローラークレーン等の大型重機が次々と搬入され、地盤改良の上で杭工事が開始される予定です。



プラウドタワーを冠した物件名になるでしょう。同様に野村不動産が事業協力者となり、タワーマンションを建設した明石駅前再開発では、プラウドタワー明石が即日完売の超人気ぶりでした。恐らくこの垂水も相当な申込倍率になるのではないかと思われます。その分、販売価格もスーパーでしょうが、全く心配なく売り切るのではないかと思います。またその売れ行きは今後の周辺再開発にも大きく影響を与える事になるでしょう。

関連記事
垂水駅前再開発

リノベーション神戸・垂水中央東地区第一種市街地再開発事業 杭工事が進行中 垂水図書館建設に向けての準備工事も進む

2024年1月11日
こべるん ~変化していく神戸~
竹中工務店の施工で着工した垂水中央東地区第一種市街地再開発事業。早くも3ヶ月が経過し、再開発ビルの基礎工事が行われています。  …
西神中央

「リノベーション・神戸」神戸市が市内拠点3駅の駅前再整備を本格化 人口減に歯止めを掛けられるか?

2019年12月20日
こべるん ~変化していく神戸~
人口流出が政令市ワースト1を記録してしまった神戸市。人口流出に歯止めを掛ける為の抜本的な対応策を今年度中に段階に分けて打ち出すとしていま …
垂水駅前再開発

リノベーション神戸 新垂水図書館・ロータリー・原動機付自転車駐車場他整備工事設計業務のプロポーザル広告

2020年10月9日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は人口減少対策として進めている施策「リノベーション神戸」の拠点整備地区に指定している垂水駅にて駅前広場の市有地を活用して新垂水図書館の …
垂水駅前再開発

リノベーション神戸・垂水中央東地区第一種市街地再開発事業 本格的な基礎工事が進行中 再開発ビルの意匠も一部変更

2023年11月2日
こべるん ~変化していく神戸~
先月初より垂水駅前周辺再整備の中核プロジェクトである垂水中央東地区第一種市街地再開発事業が遂に着工しましたが、1ヶ月が経過し、敷地内 …
垂水

リノベーション神戸・(仮称)新垂水図書館・自転車駐車場・ロータリー建設工事 施工者を募る制限付一般競争入札が広告される 建物イメージパースも複数公開

2023年1月13日
こべるん ~変化していく神戸~
JR・山陽垂水駅前で計画されている新垂水図書館。ロータリー、自転車駐車場も加えた複合施設として、建設される予定です。駐車場だった建設予定 …

POSTED COMMENT

  1. こまったちゃん より:

    「タワマンは垂水にいらない」は、デザイン協議での意見ではなく、市民説明会での市民の意見のようですので、仕方ないのではないでしょうか。

    事業者側もうまく?答えたと思います。建設的な対話ではないが、想定内ではあったでしょう。

    https://www.city.kobe.lg.jp/documents/62433/d122.pdf

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です