こべるん ~変化していく神戸~

再開発や超高層ビルの誕生によって変化していく神戸の街並みを追っています。

07« 2018 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

二宮地区の再開発と将来の可能性について考える 

ninomiya01.jpg

JR三ノ宮駅の北東一帯に広がる二宮地区。二宮市場を中心に3つの商店会が構成されて、商住混在の混沌とした街並みが広がっています。市内一のターミナル駅から至近距離にあるにも関わらず、休日も人通りはまばらです。

ninomiya02.jpg

店舗数は年々減少し、残る店のオーナーの高齢化も手伝って街は衰退の一途を辿っており、昭和のまま時間が止まったような雰囲気が漂っています。

ninomiya03.jpg

集客の核となって来た二宮市場。三宮繁華街の飲食店への卸市場として発展してきました。まさに三宮の台所です。しかし繁華街もかつての輝きを失いかけている事に比例して市場も勢いを失いました。

ninomiya04.jpg

地元でもこの状況に手をこまねいているだけでなく、何とか盛り上げようとする努力は街中でも見受けられました。しかし状況は非常に厳しく今のままでは商業地域としての維持はままならず、時間と共に土地の売却がどんどん進んで貸し駐車場と賃貸マンションのみの街になってしまう可能性が高いです。磯上通や乙仲通のように安い賃料で若者が起業、出店できるような手作り感のある街への変貌も1つの手ではありますが、個人商店も多いこの街向きではないかもしれません。また立地的にもなかなか人の足が向かい難いロケーションです。

ninomiya05.jpg

水面下では再開発を睨んでいるのか、かなり土地の買収も進み始めているようです。市場のすぐ横では巨大な駐車場と更地が出現しています。

ninomiya06.jpg

ここからは私の持論ですが、二宮地区の再開発は必須かと思います。但し、大きな商業床は想定すべきではないと思います。三宮駅から至近距離にあるという好立地性をうまく活用して、都心の上質な商住空間の創出によってエリアの付加価値を高めるべきです。

ninomiya07.jpg

これには複数のタワーマンションを含む複合再開発にする事も必須かと思います。再開発区域をどこまで含めるかにもよりますが、もし琴ノ緒町2-3丁目一帯を含めた開発として進められるのであれば、うめきた二期の神戸版のように中央には都市公園や緑地を整備できないでしょうか。公立の小中一貫校も街区内に設立して、中央区で逼迫する学校不足を同時に解消します。基本的には民間資金をフル活用する開発にする為、この学校の設置についてもハード面は民間負担にする事を条件に事業協力者を募るべきかと思います。

新長田の二の舞を避ける為、早期に独立した低層商業棟を先行して建設し、地権者の商売ができるだけ滞りなくスムーズに新店舗へ移行できるように全体設計に配慮。民間事業者も利益を出さなければ投資はできませんので、タワーマンションの建設は不可避かと思います。

ここで立ちはだかりかねないのが、神戸市長が提唱し始めているタワーマンション規制です。三ノ宮駅から半径500m以内にタワーマンションを建設する事を禁止するというものです。中央区は最もタワーマンション需要が高いエリアですが、これを敢えて規制した場合、もしかしたらすでに水面下で動いている可能性もある二宮エリアの再開発も暗礁に乗り上げかねません。

ninomiya08.jpg

駅周辺のフラワーロードや県道21号線沿い、主要業務、商業街区へのタワーマンション建設を規制するのはある程度理解できますが、半径500m以内の一円を規制するという方法は賛成できません。またタワーマンションのみが規制されるのも合点がいきません。タワーマンションよりも急増する賃貸マンションの方がよっぽど街の賑わいを奪っています。目立つタワーマンション規制をプロパカンダに利用しているとしか思えません。もっとデザインの優れたタワーマンションが増えれば景観への貢献も向上する筈です。口酸っぱく唱えていますか、そのデザイン性向上の機会を奪っているのはこれまた神戸市の消防条例です。なんでもかんでもすぐに規制というスタンスは転換するべきです。

category: 提言

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/08/04 Sat. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 8

go page top

ヴィーナステラスからの水際線眺望確保を理由とする高さ規制への反対意見集計 

venusterrace01.jpg

神戸市の都市景観審議会によって協議が行われているヴィーナステラスを眺望点とし、大阪湾の水際線を遮る建物に対して導入が検討されている新たな高さ規制条例について読者の皆さんより反対意見コメントを募集してきましたが、6月25日から7月14日までの18日間で有効コメントは150件に達しました!

貴重な時間を割いて、コメントを記載して頂いた方にはとても感謝しています。ありがとうございました。以下が150件のコメントに関する集計です。

男性:134名
女性:16名

10代:13名
20代:37名
30代:39名
40代:30名
50代:26名
60代:5名

老若男女や職業を問わず色々な方から意見を頂けた事は非常に貴重ですが、やはり10~30代の若い世代が特に規制を望まない傾向が表れています。「次代の為に神戸の景観を守る」という大義は成立しません。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/committee/urban/scene/index_33.html
第88回 神戸市都市景観審議会

まずは頂いたコメント全てをまとめて市長への手紙、神戸市住宅都市局の計画部まちのデザイン課への提出を介して皆さんの声を市に伝える予定です。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/committee/urban/scene/88kaigiroku.pdf
平成21年度 第3回 神戸市都市計画審議会会議録
前回の景観審議会の議事録がようやく公表されました。どのような議論が行われたのかと思いきや、意外にも市側の説明のみで特に何も議論は無かったようです。

今後の条例導入に向けてのスケジュール上には意見の公募の機会があります。この際にも頂いた意見を再提出したいと思います。

【平成 30 年度】
○都市景観審議会(2回)
眺望景観形成誘導基準案(修正案)について
【平成 31 年度】
○地元団体、関係権利者等への説明
○意見公募実施
○都市景観審議会
意見公募結果報告、眺望景観誘導基準の確定
○都市計画審議会
景観計画の変更について(意見聴取)
○決定・告示
○施行

また施行前には都市景観審議会のみでなく、都市計画審議会にも諮られるようです。こちらの議会のメンバーは景観審議会よりはまだバランスが取れている構成と思いますが、前回、2010年にしおさい公園を眺望点とする高さ規制の導入時に開催された都市計画審議会では何の異議も意見もなく承認されてしまっています。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/committee/urban/plan/2010.02.inform.html
2009年度第3回神戸市都市計画審議会の審議結果

http://www.city.kobe.lg.jp/information/committee/urban/plan/22.2.8.pdf
平成21年度 第3回 神戸市都市計画審議会会議録(PDF形式:34KB)
議事録の9-12ページ

都市計画審議会のメンバーである市会議員の方々に協力が可能であれば要請をしてみたいと思います。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/urban/scene/view/img/kuiki_a.pdf
ポーアイしおさい公園から市街地と背後の山並みを眺める「見晴らし型眺望景観」の形成

一点、気になるのはしおさい公園からの高さ規制について上記リンクのPDFファイル最下部に適用除外が示されている事です。

適用除外(眺望景観形成誘導基準 A)
(a)誘導基準の施行日(平成 22 年7月1日)に既に存在している建築物等
(b)都市計画に位置づけている、特定街区、高度利用地区、都市再生特別地区、高さの最高限度を定めて
  いる地区計画・景観計画区域の建築物等
(c)神戸市が都市景観審議会の意見を受けて、良好な景観形成を図ることができると認める建築物等

(a)は当然の事なので良しとします。(c)ですが、神戸阪急ビル東館が景観審議会を相手に粘り強く協議を重ねて、建物の高さ60m以上の部分に対して課せられている東西幅40mの規制を55mまで拡大を認めさせた実績があります。

さて、問題は(b)です。特定街区、高度利用地区、都市再生特別地区はこの条例の適用から外されているのです。三宮の主要再開発エリアは現在、国の特定都市再生緊急整備地域 に指定されており、この条例が適用除外とする特定街区に相当すると思われます。バスターミナルビルの建設される雲井通地区、JR駅ビルや阪急駅ビルの建て替えられる三宮駅周辺地区には高さ規制は適用されない事を示唆する事になります。高さ190mのシティタワー神戸三宮を含む旭通4丁目再開発は高度利用地区として条例の適用除外を受けており、バスターミナルビルも高さ165mに留める必要がないと言えます。

ではヴィーナステラスを眺望点とする新たな高さ規制についてはどうでしょうか。読者の方がすでに市長への手紙にて今回の規制について問い合わせを行ったところ、市からの回答として「特定街区、高度利用地区、都市再生特別地区といった、土地の高度利用を図るための都市計画等が別途定められている場合は、建築物の高さと幅の基準については適用除外としており、計画的な土地の高度利用を妨げるような規制誘導施策ではありません」と記述されていたようです。

ではそれなら何故、しおさい公園やヴィーナステラスを眺望点とする都心の建物へ高さ規制を導入するのでしょうか。三宮からウォーターフロント地区は都市再生緊急整備地域にも指定されています。再開発が予定されている新港突堤地区もこの地域に入っています。これらの都心主要地区が適用除外なのであれば、このような条例の存在自体に意味はありません。余計な誤解を招くのみです。全く以て不可解としか言いようがありません。

今の神戸市を見ていると、司馬遼太郎の小説「翔ぶが如く」に描かれている旧薩摩藩の西郷軍のような気がします。鹿児島県の学生が蜂起して起きた西南戦争では、武闘派の「薩摩隼人」という圧倒的に戦闘力の高い軍隊を擁した薩摩軍が素早く進軍して東京に迫れば、同じく明治政府に反感を持つ他旧藩の軍人達も同調して進軍に参加し、東京に着くまでには大軍に膨れ上がって政府転覆を図れる可能性がありました。しかし薩摩軍幹部はおかしな武士のプライドに囚われて、目先の熊本城を落とす事だけに目がくらみ、反対する声も聴かずに、九州内に留まってしまいました。虚を突かれた政府もその間に体制を整えて、数に物を言わせる事で徐々に形勢を逆転させ、最後は薩摩軍を鹿児島に押し戻して戦争を終結させました。薩摩軍は変わる事を拒んだ武士のプライドによって蜂起しましたが、結局はそのプライドが邪魔して自滅の道を自ら歩みました。

神戸が同じような自滅の道を歩まぬように願いたいです。重ねてとはなりますが、今回、沢山の方々からコメントを頂戴し、皆さんからとても様々な意見を聞かせて頂く事ができました。反対意見の中でも更に色々な考え方がある事にも気づかされましたし、とても説得力があり、思わず頷いてしまうコメントも多数ありました。しかし根底にあるのはどれも神戸を愛し、神戸の発展を願う熱く強く清い想いだという事もよく分かりました。また今回のコメント募集によって、当ブログには女性の読者が多くいらっしゃるという事も個人的には新鮮で嬉しい発見となりました。本当にありがとうございました。

category: 提言

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/07/17 Tue. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 11

go page top

都市景観審議会が施行を進めるヴィーナステラスからの水際線眺望確保を理由とする高さ規制について 

venusterrace01.jpg

ポートアイランドしおさい公園から神戸の都心を望んだ際、六甲連山の稜線を建物が遮らないように厳しい建築物高さ規制が神戸市の都市景観審議会によって策定され市条例として施行されてしまっていますが、今度はヴィーナステラスから眺めた場合の大阪湾の水際線を建物が遮らないよう新たな高さ規制の条例を平成31年度内に施行しようとしています。市と景観審議会の暴走を止めなければ、今後、再開発が予定されるさんセンタープラザやセンター街周辺、県庁周辺の再整備等にも大きく影響を与える事になりかねません。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/committee/urban/scene/index_33.html
第88回 神戸市都市景観審議会

景観審議会での提案内容がそのまま条例化されれば三宮駅前の東側地区を除いて神戸都心部には最高高さ120-130m程度の高層ビルしか建設できなくなります。

都心部に空港が近接してこれまで高層ビルを建設したくても建設ができなかった福岡では国に対する規制緩和を強く働き掛けて天神に高さ110mの高層ビルを建設できるようになりました。元々、規制のない神戸に前述の規制が施行されれば、規制の緩められた福岡と殆ど変わらなくなってしまいます。

daimyo.jpg

規制緩和を行う福岡では民間投資が旺盛です。緩和を追い風に早速、新制度を活用した大型プロジェクトが始動します。天神の大名小学校跡地再開発事業の優先交渉権者が決定しました。積水ハウスを代表企業として、三菱地所やJR九州等、そうそうの顔ぶれが揃う企業連合が獲得。中核施設は福岡都心部初の100mを越える超高層ビルとして、地上24階 高さ110mのオフィスとホテルから構成される高層棟を建設します。ホテルにはリッツカールトンが進出する予定で福岡の都市格は必然と向上する事でしょう。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/jutaku-toshi/kaihatsu/shisei/20150226.html
福岡市 『天神ビッグバン』

「天神ビッグバン」の名の下に、規制緩和によって天神地区の老朽ビルを集約・建て替えを促進し、都心部の高度化を図ろうと福岡市長を中心とし、鼻息荒く活性化を進めています。九州は各港でのクルーズ船の寄港数が示すようにインバウンド効果を最大限享受しており、これに合わせて各都市の都心部の再開発が目白押しです。福岡はその急先鋒ですが、熊本、鹿児島、長崎等でも大型開発が相次いでいます。

一方、神戸市はインバウンド効果も思ったように教授できず、近隣都市や九州と比べても民間投資も盛り上がりに欠け、見劣りしています。三宮再整備による都心の活性化を模索しているのにも関わらず、何故、今、民間投資の意欲を更にわざわざ抑制するような規制の導入を図ろうとするのでしょうか。すでにしおさい公園からの高さ規制導入によって出ている弊害や影響は大きく、更なる弊害を生む高さ規制は神戸の活性化にとって害しかありません。

高さ規制を緩和して活性化を遂げようとし、着実に民間投資の実績を引き出している福岡と、更なる規制を追加して細る民間投資を尚も減退させようとしている神戸。この姿勢の違いが結局は人口減少やインバウンド効果を得られない等の様々な問題の根本的な要因なのではないでしょうか。

そもそもこの高さ規制は神戸市住宅都市局の計画部まちのデザイン課が自ら導入を図ろうとしている点が最大の懸念です。また景観審議会委員の顔ぶれを見ても、経済界からの声を反映する形にはなっていません。偏った意見が横行する審議会の在り方そのものにも疑問を呈するべきかと思います。

今回、直近で開催された第88回審議会について公開された審議資料にはこれまであった会議録がありません。作成中なのかそれとも意図的に公開しないのかは現状分かりませんが、後者であれば、情報公開制度についての指摘が必要になるかもしれません。

来年度の施行までの今後の予定は以下とされています。来年度には意見公募があります。現状から皆さんの反対意見を当ブログにて募集し、それを市へ抗議意見の形で提出したいと思います。

【平成 30 年度】
○都市景観審議会(2回)
眺望景観形成誘導基準案(修正案)について
【平成 31 年度】
○地元団体、関係権利者等への説明
○意見公募実施
○都市景観審議会
意見公募結果報告、眺望景観誘導基準の確定
○都市計画審議会
景観計画の変更について(意見聴取)
○決定・告示
○施行

基本的にコメント欄に記載頂く形を採りたいと思いますが、その際、性別・職業(例:会社員、自営業、学生等)・年齢層(10代、20代等)を必ず明記をお願い致します。

このナンセンスは絶対に阻止しなければなりません。皆様のご協力を是非ともよろしくお願い致します。

category: 提言

thread: 神戸 - janre: 地域情報

2018/06/25 Mon. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 190

go page top

神戸に観光客をどうやって呼び込むか 

shishoyama_05.jpg

大型客船の寄港数が過去最多を記録してもポートターミナルから大型バスに分乗して大阪や京都に繰り出す外国人観光客。神戸は素通りというタイトルの新聞記事が踊りました。関西三都の中で大阪、京都が多分にインバウンド需要の恩恵を受けている一方、神戸はその需要を取りこぼしてしまっています。その要因と共にどの様に対応すれば現況を変えることができるのか。今回は神戸の観光について考えてみたいと思います。

関西の訪日外国人客は8割が大阪府と京都に集中し、兵庫県の2014年消費額は431億円で大阪府の16%に留まるそうです。関空の入国者数も2月単月は成田を越えたそうです。この大半を占めるのが団体ツアーで訪れる中国人観光客です。初めて日本を訪れる人々にとって大阪・京都はやはり外せない人気都市で初訪日で神戸がまず第一の目的地として選ばれることは知名度の点からも難しそうです。

ではなぜ神戸は選ばれないのか。大阪や京都は個性が強過ぎる他、提供するコンテンツが豊富です。これら二都市と比べると分が悪いのは一定レベルにおいては致し方ありません。しかし根本的な問題は神戸自身にあるようです。

とある海外の旅行情報掲示板でこんなタイトルのスレッドを見つけました。

『Should I visit Kobe? 神戸を訪ねるべき?』

これはある海外の方が10日間の西日本旅行を計画しており、大阪を宿泊拠点として京都、奈良、姫路、広島等を周遊する予定を立てた際、1日空きが出るのでこれを神戸に充てるべきかどうかを尋ねたところ、数多くの返答があったようです。この方自身もそれまでにネットで調べたところ、神戸を訪れるには十分な理由が見当たらないのだが、訪れない事で見逃してはならない物を見逃して後悔したくないという気持ちからこのスレッドを立てたとのこと。

この質問に対する回答は・・・

「その1日は京都か大阪に充てた方が良い。神戸は観光客にはお勧めしない。住むのには最高だろうけど。」
「神戸以外にも西日本にはもっと素晴らしい所が沢山ある。」
「神戸に住んでいたことがあって好きな街だけれど、1日を神戸に充てるのは厳しいかも。」
「1日を費やしたけど、知り合いがいたから。とても良い街ではあったけど、神戸に行く特別な理由があるのならお勧め。でも神戸以外にも見るべき場所は沢山あるはず。」

これらの回答に対してスレッドを立てた本人の結論は・・・

「神戸はやっぱり飛ばしても差支えなさそう。」

非常に残念な結論です。実際に住んでいた人、実際に訪れた事がある人も含めて神戸に対する印象は「観光客にはあまりお勧めすることができない。なぜなら見るべき物が無いから。」

これを読み解くと、せっかく日本に行くのだから、日本でしか見れない物、日本でしかできない体験をしたい=神戸で見れる物、できる事は海外の他の都市でも可能という事になります。日本国内では山と海に囲まれた風光明媚な港町且つ大都市は神戸の専売特許ですが、海外に目を向ければそういった都市は沢山あります。

inbound04.jpg

否定的な意見や回答が多い中、以下のようなコメントがありました。

「神戸には12年住んでるけど、確かに1週間しか滞在しない人にとっては神戸は退屈かもしれない。でも関西周遊を考えるなら、神戸程、宿泊拠点に適した場所はない。関西に来る家族、友人、知り合いには常に神戸を拠点にすることを勧めている。新神戸からは姫路も広島も近いし、京都も大阪へのアクセスも良好。」

このコメントはある意味、神戸の現状を的確に表現しており、今後の神戸が立てるべき戦略について回答を示している気がします。ローマは一日にして成らず。他都市にあって神戸に無い物をいくら追及しても二番煎じになるだけですし、中途半端になるだけ。神戸にしか無い物を磨くしかありません。

住むのには最高と評価される神戸はゆったりとした雰囲気と程良い都会感、そしてコンパクトで交通利便性が整った快適都市です。まずは神戸を宿泊拠点としてアピールするべきではないでしょうか。ウォーターフロントを抱える神戸はシティリゾート感たっぷり。

inbound05.jpg

神戸を拠点として関西を、西日本を周遊して貰えるようアピールし、その体制をハード・ソフト面から整備する事が必要ではないでしょうか。ハード面では利便性の高い三宮や元町の駅前、快適性の高い旧居留地、リゾート感溢れるウォーターフロントエリアに良質なホテルを整備。知名度の高い外資系ホテルも複数誘致。周遊拠点としての利便性を高める為、ホテルと三宮駅間の交通網を構築。短期的には各主要ホテルと三宮駅前を周回するループバス、長期的にはLRTを整備します。

日本人も海外旅行した場合、日数を重ねるとどうしても現地の食事に飽きてきて日本食が恋しくなります。その逆も然り。ヘルシーな日本食に飽きた観光客が自国の料理を食べたいと思った際にも神戸は幅広く対応できます。イスラム教のモスクもあります。そういった意味でも神戸は過密な旅行日程で疲れた観光客を癒すことができます。ソフト面ではこうした快適拠点性の発信が必要です。また都心内での快適性の向上(各ホテル、公共交通機関等の人員や街中の案内表示における多言語対応、無料Wifi等)も必須です。

inbound01.jpg

海外への情報発信ですが、最近は神戸市がソーシャルメディアを利用して外国人アンバサダーを選任して彼等に発信をして貰うという試みを始めました。これに加えて海外で知名度の高い著名人の力を借りるのも一つの手です。以前、読者の方からメジャーリーガーのイチロー選手に神戸の観光大使を依頼すればどうかというアイディアについてコメントを頂きました。同選手の神戸愛は非常に深く、毎年、シーズンオフ時には神戸に来て自主トレに励んでいます。彼に神戸をアピールをして貰えれば米国を初め、野球の盛んな国々への反響は少なくないと思われます。また引退してしまってはいますが、元NBAのスター選手のKobe Briant氏にも依頼をしてはどうでしょうか。その氏名に「神戸」を持つ彼程、神戸をアピールに相応しい人物もいないのではないでしょうか。まずは彼を神戸に招き、本場の神戸牛を堪能して貰い、そしておおいに神戸を世界に向けて喧伝して貰う。この二人の力を借りられれば、神戸の魅力をより効果的に発信できるはずです(税金なので、渡航費や宿泊費は負担しても、できればノーギャラでお願いしたいですが)。

category: 提言

2016/06/03 Fri. 06:00 [edit]   トラックバック: 0 | コメント: 33

go page top