須磨

JR鷹取北側駅前広場プレリニューアルによる花壇等整備が進行中



神戸市はJR鷹取駅前についてもリノベーション神戸の一環として、再整備を行う方針を示しています。駅周辺には広大な公園やグラウンド、開放感のある駅前広場が広がっていますが、あまり駅前空間として有効活用されている感はありません。



本格的な再整備に着手する前のプレリニューアルとして駅前広場に複数の花壇を設ける工事が進められてきました。



円形の巨大な花壇が構築されています。



これまでだだっ広いだけで殺風景な駅前広場でしたが、花で彩る事で華やかさを添える予定です。また木々の周りにもリング型ベンチを設置しています。



プロジェクト名はJR鷹取駅北側駅前広場魅力化事業



またこれらの整備以前にも樹木のライトアップが行われました。



鷹取駅北側にはタワーマンションや数棟の分譲マンション、病院が建設され、スーパーやドラッグストア等も出店しています。



ただこれ以上に何か駅前広場の整備を進めるにしても駅周辺の活性化には結びつかないのではないかと思われます。



鷹取駅は北側には改札口がありません。駅へと通じる地下通路の出口には膜素材の屋根が備わります。



鷹取駅地下道を通じて南北の往来が行われています。



地下道内は比較的新しい事もあって整備されています。



地下道を抜けると南側に出ます。駅改札口はこちらにあります。



鷹取駅の乗降客数は大きく増えなければ大きく減りもしていません。今後の再整備の仕方が問われる難しい駅前と言えそうです。

関連記事
須磨

須磨一ノ谷プラザを含めた周辺開発について再度のサウンディング型 市場調査を実施 開発事業者が決まる可能性は?

2024年7月11日
こべるん ~変化していく神戸~
地域交流拠点として活用されてきた須磨浦公園駅の東にある須磨一ノ谷プラザは、神戸市が、にぎわい拠点としてへの転換を図る為に2023年1 …
須磨

須磨海づり公園の陸上施設リニューアル事業者が決定 低予算事業に伴いその内容は大胆さを欠き、既存設備の復旧に重きが置かれる

2023年7月17日
こべるん ~変化していく神戸~
2018年8月に猛威を振るった台風20号によって壊滅的な被害を受けた須磨海つり公園は以来、閉鎖が続き早5年がしました。神戸市は、この …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です