浜辺通6丁目計画

ワコーレシティ神戸三宮 -浜辺通6丁目計画-

hamabe86.jpg

和田興産の大規模分譲マンション「ワコーレシティ神戸三宮」。もうまもなくその外観工事は完了迎えようとしています。

hamabe87.jpg

東側のエントランスコート棟はすでにすべての足場や養生ネットが撤去されてガラス手摺にもすべてガラスが入りました。外観としてはこれが完成形です。

hamabe88.jpg

パークフロントコート棟はまだ一部の足場が残されています。最上層部のガラス取り付けが終われば取り払われることでしょう。すでにタワークレーンも姿を消しています。都心部で建設中の他のタワーマンションもタワークレーンは撤去されています。都心で唯一まだ残っている高層建築用のタワークレーンは三宮ビル北館のみです。

hamabe89.jpg

話が脱線しましたが、パークフロントコート前に整備される予定の公開空地「グリーンプロムナード」はまだ未着手です。

hamabe90.jpg

マスターズコート棟側の仮囲いはすでに撤去されています。

hamabe91.jpg

マスターズコート棟も躯体は完成しています。外観としては残りのガラスを入れることでしょう。内装工事も急ピッチで進行中です。この棟の上層階の居住者も来年はみなと神戸海上花火大会を自宅から堪能することでしょうね。今年の花火は撮影こそしませんでしたが、例年稀に見る非常に見応えのある構成でした。ただ煙は北側に流れていたので、三宮方面からの鑑賞は凶と出たのではないかと思われます。



関連記事
浜辺通6丁目計画

ワコーレシティ神戸三宮 -浜辺通6丁目計画-

2015年10月13日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工を間近に控えたワコーレシティ神戸三宮。足元周りの整備も急ピッチで進んでいます。パークフロントコート前で整備中のグリーンプロムナード。完成が近づいています。植栽もほぼ完了していま …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です