浜辺通6丁目計画

浜辺通6丁目計画

haseko10.jpg

長谷工コーポレーション所有の浜辺通6丁目の新規開発予定地です。かつて経営されていた駐車場のアスファルトは全て剥がされて更地化しました。

haseko11.jpg

準備第二段階としてボーリング地質調査が行われていました。

haseko08.jpg

調査は敷地南東と

haseko09.jpg

北西の二箇所で行われていました。

haseko07.jpg

この開発用地には500-600戸クラスの大規模分譲マンションが計画されているそうです。アベノミクス効果でマンション販売が好調のようですね。億ションの引き合いも活発ということです。一時の都心タワーラッシュが小康状態に入った神戸も駅前を中心とした大規模再開発が期待されており、これに伴って都心地区の超高層化に再び拍車が掛かるのではないかと思われます。

haseko12.jpg

道路を挟んだ向かいには神戸の超高層の楚である神戸商工貿易センタービルが聳えます。1969年竣工。西日本初、国内でも二番目に建設された100mを越える超高層建築です。神戸が国内屈指の超高層都市であることはある意味当然の成り行きなのでしょう。今後はタワーレジデンス同様にオフィスタワーやホテルもバランス良く建設されることを期待したいですね。



関連記事

POSTED COMMENT

  1. ながたるん より:

    今風ではないけど貿易センターはどっしりと絵になりますね 建て替えとか考える頃にさしかかってますが50年選手として高層建築遺産として残していって欲しいです個人的には
    スカイブィッフェからの展望も素敵です けど西側の眺望はほぼふさがれますね新ビルに せめて下層にオフィスがよかったな できれば貿易センター二号館とかにしてツイン化 黒くそびえる二百メーター級とか見たかったですね ライナーの駅名にも迫がつくし

    いずれにしてもビジネスセンターとしていい場所なので周辺ビルの建て替え等でオフィス集積して欲しいですね

  2. うべっち より:

     大阪万博のころ、ここに巨大なボーリング場(神戸ポートレーン?)が出来、創価学会の所に回転展望レストランで有名だった神戸ニューポートホテル、そして神戸貿易センタービルと、まだP.Iが無かった神戸の中で、結構進んだの地域だったと記憶しています。
     数年後に完成するタワマンと44年前に竣工した貿易センタービルとの新旧東西ツイン、南北のトリプルタワマンが楽しみです。しかし、貿易センタービルの耐用年数、かなり長そうですね。まだまだ使えそうです。

  3. しん@こべるん より:

    ながたるんさん

    瓜二つの東京・浜松町の貿易センタービルは解体されてしまいますが、神戸の貿易センタービルは今後も現役で頑張って欲しいですね。

    うべっちさん

    トリプルタワー・・・。見てみたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です