ポートアイランドII期

県内初となる「ラウンドアバウト(環状交差点)」を見に行ってみた

runabout00.jpg

兵庫県内初・神戸市内初の環状交差点「ラウンドアバウト」が、ポートアイランド二期地区に完成し、供用が開始されましたので、早速、見てきました。

runabout01.jpg

こちらが実際に完成した実物です。場所はKCMI神戸医療イノベーションセンターのすぐ北側です。

runabout03.jpg

中心に円形の中央分離帯があります。

runabout02.jpg

交差点内に入る際には一時停止は不要ですが、交差点内を通行している車を妨げる事は出来ないので、「ゆずれ」の文字が路面に描かれています。

runabout04.jpg

交差点内は矢印の方向に従って時計回りに通行します。

runabout06.jpg

クルッと回って交差点に乗り入れるどの道路にも入って行く事ができます。

runabout05.jpg

今回の導入はあくまでも試験的な位置付けかと思います。周囲には建物もなく、ほとんど車の通行もありません。さて、ラウンドアバウトのメリットは信号を設置する必要がないので、コスト削減と交差点交通をスムーズにする事が挙げられます。しかし都心や交通量の多い大通りに導入するには慎重な検討が必要です。交差点内はスムーズでもその先の道路に渋滞や流れが悪いと交差点内にまで影響し、結局、乗り入れる道路全てにおいて支障をきたす事になるからです。また歩行者の横断についても考えなければなりません。海外では複数車線を設けた巨大なラウンドアバウトが存在します。なかなか交差点から抜け出すのが難しそうです。ひとまずは広い道路が整備されているポートアイランド内での導入例を増やし、実績を積んで行くべきではないでしょうか。



関連記事
ポートアイランドII期

理化学研究所・融合連携イノベーション推進棟/次世代バイオ医薬品製造技術基盤開発施設

2014年10月7日
こべるん ~変化していく神戸~
ポートアイランド2期で建設の進む理化学研究所・融合連携イノベーション推進棟。鉄骨建方が本格しています。地上8階建の建物は周囲と比較して突出と …
ポートアイランドII期

和田興産がポートアイランド初のワコーレマンションの分譲を計画 (仮称)ワコーレ中央区港島中町4丁目 新築工事

2024年1月28日
こべるん ~変化していく神戸~
分譲マンションのワコーレシリーズを展開する和田興産が、同社としては初となるポートアイランドでのプロジェクトを進行させる計画がある事が …

POSTED COMMENT

  1. ウエストン より:

    市長会見によると、ラウンドアバウトの設置予定場所は、「交通量が少なく見通しがいい平坦な場所」具体的にはポーアイ、六アイ、西神ニュータウンの中等を想定しているようです。

    それにしても、ポーアイ2期の企業集積かなり進んできたと思ってましたが、ラウンドアバウトの周辺はまだまだ寂しいですね。

  2. sirokuma より:

    なんだろう…この場所じゃ社会実験にもならんでしょう。Uターンには便利かもしれないですが。大型トレーラー運転手の意見を聞いてみたいですね。

  3. ヒーコ より:

    (接地面積や交通量、前後の道路のスムーズ度合い等)を鑑み、適材適所に設置すればスムーズに快適に通行することが可能ですよ。
    ベルギーで何回も通りましたが快適でしたよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です