三宮ゼロゲート

(仮称)三宮ゼロゲート 三宮2丁目11番3号建物解体工事


ワールドが保有・運営していた商業施設「神戸メディテラス」は同社の業績悪化によってリストラ対象とされ、パルコに土地と建物が売却されました。パルコはここに新たな商業施設「三宮ゼロゲート」の新規開業を予定し、7月から閉鎖されていた既存建物の解体を開始しました。


取材時には旧メディテラスの姿はもう完全に消え失せ、一部の外壁のみが残されている状態でしたが、現在はもう瓦礫の山のみになっています。


瓦礫の山が撤去された後は地下階の解体が待っています。新設される建物も解体中の建物と同規模程度の地上4階、延床面積約1500平方メートルとなります。


ゼロゲートの開業は今秋を予定しています。もし既存建物の地中障害物の解体撤去も行われるとなると、2月位まで掛かるかもしれません。パルコのプレスリリースでは12月に新築建物の着工となっていました。既存建物の基礎を再利用するのでしょうか。施工は解体を担っている戸田建設がそのまま建設工事に移行するのではないかと思います。さて、予定通りに今月中に着工するでしょうか。



関連記事
三宮ゼロゲート

三宮ゼロゲート・旧神戸メディテラス解体工事

2017年8月18日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ解体工事がスタートした旧神戸メディテラス。年末までを掛けて、既存建物を解体撤去し、跡地にはパルコが新たな商業ビルとなる「三宮ゼロゲート」を開業します。建物の解体工事を受注し …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です