メリケンパークリニューアル

ポートタワー横に新たにレストラン・カフェが開業

0330-04.jpg

リニューアルオープンを間近に控えたメリケンパーク。隣接した中突堤はポートタワーと共にウォーターフロントのキーパーツです。ポートタワーの足元にあるシティループバスの停留所付近も今回のリニューアルに合わせて改修されました。

0330-03.jpg

路面タイルが敷設されて大きな広場に生まれ変わりました。

merikenpark148.jpg

そしてその新設された広場の隣では何やら新たな工事が始まっています。

0330-01.jpg

この場所に計画されているのは新たなカフェレストランの店舗です。神戸港振興協会はメリケンパークのリニューアルに合わせ、各方面の結節点となるポートタワー南側の敷地に集客施設を新設する事で、メリケンパークから中突堤、ハーバーランド方面への回遊性向上と活性化を促進します。

0330-02.jpg

店舗ビルは2階建て。店名は「SO.TABLE KOBE 0330 」。1階に45席、2階は多目的スペースや個室を備えます。コンテナを組み合わせた店舗ビルは港らしい造りで、神戸の食材を使った料理を、提供。散策の楽しい周辺への賑わい創出にテイクアウトメニューも充実。

0330-05.jpg

バス停前なので、バスを待つ間に少し立ち寄るなんて事も可能です。スターバックス以外にも新しいカフェレストランがオープンする事で更にウォーターフロントエリアの賑わい創出に弾みがつきそうです。レストランは6月末の開業予定です。最近は公園に飲食店や集客施設誘致によるリニューアルを図って成功する例が増えています。大阪・天王寺のてんしばが良い例です。大阪城公園でも同様のリニューアル計画が進行中です。神戸の取り組みもこうした流れに沿うものだと言えます。



関連記事
メリケンパークリニューアル

メリケンパーク噴水広場リニューアル完成

2018年5月2日
こべるん ~変化していく神戸~
メリケンパーク内東側にあった噴水池が新しい噴水広場にリニューアルされました。昨年のリニューアル完成時には噴水池は以前と同様の形で残されていましたが、いつの間にか撤去と改修が実施され …
ウォーターフロント

メリケンパーク緑地改修工事 2022年1月末完成予定 公園内の未改修エリアのリニューアルでメリケンパークの全体改修完了

2021年6月10日
こべるん ~変化していく神戸~
開園以来初の大規模なリニューアル工事が2017年に完成し、翌2018年には噴水広場の改修が完了し、公園内の9割が生まれ変わったメリケ …

POSTED COMMENT

  1. 横浜市民 より:

    本題とは関係ないのですが、ポートタワーの地上部分を初めて見ました。
    スリムで良いデザインのタワーと思っていたのですが、地上部分が以外に小さいのにはチョット驚きました。

    神戸の公園って、以外と木陰が少ないように思っています。
    それと、ポートタワー横のループバスのバス停に屋根が付くととてもよくなるように思います。

  2. sirokuma より:

    運営者は、「一般財団法人 地域から世界を考える会議」、ポートタワーが見えるレストラン・カフェは1階に45席、2階に多目的ホールと個室を設ける。屋上になる3階も展望カフェスペースとして利用する。とアナウンスされていますね。よくわかりませんけどどの程度のランクの店なんでしょうか?ファストフード店に近いイメージでしょうか?オープンまでわかりませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です