ウォーターフロント

波止場町のプロムナード整備

promnard03.jpg

メリケンパークと第一突堤基部を結ぶ波止場町のプロムナード整備が開始されました。この整備によってもたらされる効果を疑問視するコメントも沢山頂いています。この整備はどちらかと言えば、実際の成果創出よりも国に地方合同庁舎の撤去移転を進めさせる為の外堀を埋めて既成事実を固めている作業と認識した方が近いかもしれません。

merikenpark055.jpg

個人的にはこのプロムナード整備よりも、港都グランドデザインが示しているメリケンパークと第一突堤を結ぶ桟橋の整備を優先して進める事で2つのウォーターフロント拠点を一体化し、今後予定される第一突堤基部再開発のコンペで開発事業者により大きな投資をして貰えるようアクセス性を高めるべきなのではないかと思います。

merikenpark053.jpg

既存の防潮堤に鉄筋が打ち込まれています。高さを増すのでしょうか。

merikenpark054.jpg

型枠も設置されていました。コンクリートを打設するようです。神戸港では2004年の台風と高潮による影響で三宮南地区が冠水しました。以来、神戸市は防潮堤の包囲網やポンプ場と排水管の整備を進めてきました。

merikenpark056.jpg

しかしその代償として親水地区には延々と壁ができてしまい、景観的にはマイナスな要素になってしまったのです。

やはりプロムナードを魅力的にするには周囲の景観に手を加えなければなりません。大阪は中之島を参考にして、阪神高速の高架下をライトアップする等、沿道に潤いを与えなければ積極的にここを歩く気にはなりません。やはり究極論は阪神高速の地下化でしょうか。



関連記事
ウォーターフロント

「神戸港将来構想(案)」に関する市民意見提出手続(パブリック・コメント手続)の実施

2017年5月26日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市が先日、神戸港開港150周年を祝う場にて、同港の将来構想を発表しました。すでに新聞報道等でご存知の方も多いと思いますが、この構想につい …
ウォーターフロント

新港第三突堤フェリーターミナル建替計画

2013年6月8日
こべるん ~変化していく神戸~
来週一週間、海外出張に出る準備で更新が滞りました。第一突堤を皮切りに今後、ウォーターフロント開発の次世代の要的存在を担う新港突堤エリア。第一突堤はすでに更地化しており、近日中にラ・ …

POSTED COMMENT

  1. かうい より:

    まあ、景観よりも高潮、津波対策の方が大事ですからねぇ

  2. とま より:

    防潮堤の改修により旧居留地やみなと元町駅など従来南海トラフの津波浸水エリアだった地域が対象外になります
    市全体としては31年度まで工事がかかるようです
    http://www.city.kobe.lg.jp/information/about/construction/1700/1733/index.html

  3. ジョー より:

    微妙ですね、何十年に一度、起こるどうかわからないことにここまでするのは。防潮堤がある以上、あそこは埋め立てて東西陸続きにすべきかな。それでもってオフィス、ショップ、住居の混合型低層ビルを高架道路沿いに建てたらいいと思う。もう商業施設だけで賑やかするのは限界のように感じるね。

  4. ハコモノ行政 より:

    > あそこは埋め立てて東西陸続きにすべきかな

    メリケン波止場すら埋め立てましたからねぇ・・・別に残す必要も無いでしょう
    高架は30年くらいかけて阪神高速・ハーバーウェイ・浜手バイパスを整理統合かな
    地下化は金の無駄でしょう(500億円くらい寄付する道路族でも居れば別ですが)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です