こべるん ~変化していく神戸~
新長田

新長田合同庁舎は8階建てに決定

tetsujin14.jpg

新長田・二葉町5に神戸市と兵庫県が計画している新長田合同庁舎の規模と概要が明らかになりました。規模は地上8階建てに決定。

1階:県立神戸生活創造センター(神戸クリスタルタワーから移転)
2-5階:市の税部門(本庁の部門と各区の市税事務所)
6-7階:神戸県民センターの県民交流室・神戸県税事務所・西神戸県税事務所、県住宅供給公社神戸事務所
8階:神戸すまいまちづくり公社(さんぱるから移転)

市職員数750人、県300人の合計1050人が就業します。総事業費は90億円を見込んでいます。

kobelco45.jpg

2019年度の完成を目指して、17年度中に着工します。恐らく年内には工事が始まるものと思われます。建物の規模を想像するに敷地面積や新築建物の床面積から神戸製鋼本社ビルや磯上通で建設されている磯上オフィス等が近しいかそれらより少し小振りになると思われます。すでに日本設計関西支社に基本設計、実施設計、個別設計を委託しています。

庁舎ビルなのでやはりデザインは質実剛健な建物になるのでしょうか。建築計画のお知らせやパースの掲示が出される日も近いかもしれません。この建物の完成後、三宮の雲井通5丁目地区の建物解体が始まるものと思われます。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です