神戸三宮阪急ビル

阪急神戸三宮駅前広場で試掘工事を目撃

hankyu55.jpg

今月7日から阪急電鉄の依頼で大林組によって開始されたサンキタアモーレ広場・通称「おっぱい山公園」の現況調査工事ですが、実際のところこれまでその「工事」風景を見たことがなかったので、本当に進められているのかと思っていましたが、遂に先日、その工事に出くわすことができました。

hankyu57.jpg

広場の西側を簡易フェンスとコーンポールで囲い、小さなショベルカーが稼働していました。

hankyu59.jpg

工事名称は試掘工事。これは結構な割合で広場を新駅ビルの敷地として活用する可能性が出てきました。無論、まだ新ビルと地下鉄駅との連絡方法の改善のため等とも考えられますが、期待しても良いのではないかと思われます。

hankyu56.jpg

もし敷地がビルの建設地に組み込まれるとしたら、少なくとも建物低層部は変形L字型になるということになります。そもそもサンキタ通りは普段からあまり車通りも多くはないので、とっくに歩行者専用道路化しても良いのではと常日頃から思っています。

hankyu58.jpg

試掘工事は来月24日までとなっています。工事の結果を元に大林組にて設計が進められ、阪急がビルの概略を発表するのは6月辺りかと勝手に想像しています。



関連記事
神戸三宮阪急ビル

サンキタ通りとサンキタ広場が「2023年 土木学会デザイン賞 優秀賞」を受賞 トリプル受賞による快挙達成

2023年12月13日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮再開発・再整備の第一弾大型プロジェクトとして、2021年に完成した神戸三宮阪急ビルとそれに接するサンキタ広場やさんきた通りのリニ …

POSTED COMMENT

  1. 黒霧 より:

    楽しみです 周辺の車道を ずらすか 歩行者専用にすると敷地面積も増え楽しみです 欲を言えば 重機の問題でまず不可能でしょうが 交通センタービルも含めた 線路をアーチで囲うような巨大駅ビルを期待しております

  2. 夢想家 より:

    阪急電鉄の依頼で大林組が試掘工事をしているので、やはりこの上に何か建造物を阪急側が建てると考えるのが合理的かと思います。
    ただその建造物が何かなのが気になるところですが、まさか花時計や噴水などのオブジェでないことを祈ります。
    それとJR三ノ宮駅の1Fコンコースの柱が耐震補強工事中との事で、養生されておりますが、一向に工事している気配がありません。ひょっとするとJRの駅ビルも案外早く進むかもしれません。個人的にはイセタンハウス神戸店の出店先としては、ここが大本命かと思います。JRとしては駅ビルのテナントの目処も立った事でゴーサインが出ている気がします。とにかく早期の発表を待ちたいですね。

  3. kenkenbooboo より:

    阪急神戸三宮駅東口西側の三角ビルで行っている工事は、駅ビル工事関連業者の車両出入りや施設に使うそうですよ。オフィスやホテルも入ることですし、駅ビルの駐車場やエントランスはどうするんでしょうか?

    対面の歩行者通路にまで調査が及んでいるのも気になります。ひょっとするとマツモトキヨシがある三宮イーストビルや三劇跡のゲームセンターまで巻き込む大工事になるかもしれませんよ。

    それと話はそれて恐縮ですが、「新世紀エヴァンゲリオン」を手掛けた制作会社「ガイナックス」(東京)が、長田の「神戸アニメストリート」に関西の制作拠点となる新会社「GAINAX WEST(ガイナックス・ウエスト)」を設立するそうです。うれしいですね。

    今年公開の「シン・ゴジラ」の庵野監督も在籍してますし、この移転でわたしの目論見のように、モンスターやアニメのテーマパーク構想にまで発展しようものなら狂喜乱舞です!!

  4. しん@こべるん より:

    黒霧さん
    ゲート型のビルは皆の憧れです。

    夢想家さん
    きっと建物だと思いますよ。JRですが耐震化工事の完成はあと2年は掛かるようです。駅ビル建て替えに備えた工事であることを期待したいですね。オーパとの賃貸契約期間はいつ更新時期なのでしょうね。そこを一つの目途にするような気がします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です