須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド スタジアムの大屋根が現れる!ダイナミックな構造は迫力満点!



来年6月の開業まで1年を切った神戸須磨シーワールド。各主要施設の建設工事も佳境に入っており、その巨大な姿が完成に向かっている事を如実に物語り始めました。



まず大屋根の足場の撤去が始まったのがイルカ棟ことドルフィンスタジアム。



その巨大な屋根は迫力満点です。強い陽光や雨も遮る事が可能なスタジアム屋根。



角度をつけて見ると、大きく迫り出して客席の大半の上空を覆っている事が分かります。この下で迫力のあるドルフィンショーが開かれる事になります。



ドルフィンスタジアムを西側国道二号線から眺めた様子です。大屋根の表面パネルの取り付けも完了。



屋根の表面はスムーズな曲面を描いています。



そして更に巨大で複雑な形状を有しているのがシャチ棟ことオルカスタジアム。



その形状はまるで生き物のようにも見え、オルカの鼻先を表現しているかのように大きな存在感があります。



スタジアムのみでない構造は南北の奥行きもあってその巨大さと迫力は建築としても圧巻と言えます。



これら二つのスタジアムに対して割とスッキリしているのが水族館としてはメインとなる魚類・ペンギン・アシカ棟。



プレーンな印象がありますが、水平ラインを基調とした建物のデザインは実は複雑な形状をしています。



KOBE SUMA SEA WORLDのロゴも取り付けられました。屋上の緑化も進んでいるようです。



ドルフィンスタジアムと水族館を連絡するブリッジも完成間近のようです。



新施設に囲まれて閉館したスマスイ本館が窮屈そうです。まだ外見上の解体は開始されていませんが、内部は引越しや内装解体は始められているものと思われます。



アフターコロナの中で最初の夏を迎える須磨ビーチ。海の家や更衣・シャワー施設の設置準備が開始されています。暑い夏が始まりそうです。

関連記事
須磨水族園

須磨海浜公園再整備 にぎわい施設B・C棟には「レッドロブスター」とポトマックの「YURT」が出店 A棟のフロア構成は?

2023年6月12日
こべるん ~変化していく神戸~
今年9月に先行オープンを果たす予定の須磨海浜公園西側エリア。テナントの入るにぎわい施設3棟の開業や広場のリニューアルに向けての再整備 …
須磨水族園

須磨海浜水族園・国民宿舎須磨荘解体撤去他工事 本館棟以外の更地化が進む建築計画のお知らせも掲示!

2021年10月25日
こべるん ~変化していく神戸~
5月に既存の須磨水族園・国民宿舎しーぱる須磨の解体工事が始まった模様をお伝えしてから早5ヶ月。須磨シーワールドへの転換へ向けて営業中 …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    KOBE SUMA SEA WORLDのロゴ、清涼感のあるロゴですね。ロゴのハネ部分は、イルカやオルカのヒレになのかな?可愛いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です