須磨水族園

須磨海浜公園再整備 松の杜ヴィレッジがオープン 開業特集Part2 松の杜ヴィレッジB・C棟



再整備が完了した須磨海浜公園の西側エリア。にぎわい施設3棟が新しい息吹を吹き込み始めた「松の杜ヴィレッジ」の様子を引き続きレポートします。

多彩なサービスを提供するC棟



まずは東側のC棟。ポトマックがテナントとして出店し、同社の人気カフェである「YURT」を開業しました。ただ単なる「YURT」ではなく、新しい業態での出店となりました。



「CAFE & BBQ PARK YURT」。元々、C棟にはカレイドジャパンが同様にBBQレストランを出店する予定とされていましたが、ポトマックが代わりを担っています。

カレイド社はA棟にも出店を計画していましたが、結局、同社の出店は消滅したのでしょうか。



YURTの構成は店内はカフェ、そしてバーベキューエリアについては、ルーフトップ、ウッドデッキ、パークエリアの3つのゾーンが選べるようになっています。



YURTの横には新たな小松が植えられたゾーンができていました。



ルーフトップのバーベキューエリアでも早速、食事を楽しむ人々の姿が見られました。ビーチ等も見渡せるのでしょうか。



すまっこひろばへと続く松林の中の小道。



その左側の木柵の裏側にYURTのバーベキューパークエリアが広がります。



バーベキューパーク内には木組のバーベキューブースが設置されています。



木組のフレームには日除けや目隠しの役目を果たす布シートが取り付けられており、快適性とプライベート性を兼ねています。



YURTの入るC棟はにぎわい施設棟の中では最も小さな建屋ですが、敷地としてはバーベキューパークも合わせると最大かと思います。当初の構想では、この松林の中にグランピングテントが設置される予定でした。アウトドアアクティビティという路線は継承されました。



カフェ棟の背後にウッドデッキ。ウッドデッキでのバーベキューは食材の持ち込みではなく、手ぶらプランでの利用となります。



まずはカフェが賑わっていましたが、今後はバーベキューパークも賑わいを見せる事でしょう。冬季にはガスストーブ等も用意されるのでしょうか。

 

最も海に近いレッドロブスターのB棟



B棟にはレッドロブスターが出店しています。



店舗前には大きなウッドデッキテラスが設けられとおり、前方の視界も開けているので、開放感の高さが売りとなっています。



レッドロブスターの展開店舗の中でも最も海に高いロケーションで、海を感じながら楽しむシーフードは最高でしょう。



国道2号線からのアクセスも容易なので、ロードサイド店的な利用も可能かと思います。



やはりこの2棟のにぎわい施設周りの集客性は最も顕著でした。



園内にはA棟近くの大型遊具の他にも真新しくユニークな遊具が点在しており、子供にも楽しい海浜公園となりました。



松の杜ヴィレッジとビーチの間には非常に大きく開放感の溢れる広場「うみのひろば」が整備されました。



中央に植栽を配した大型の円形ベンチも完成しています。



にぎわい施設の周辺にはキッチンカーも営業しており、これまでは人の集中はビーチ周りが中心でしたが、海浜公園全体に人が回遊するようになっています。



来年6月に神戸須磨シーワールドが開業すると、更に賑わいは増す事になるのではないかと思います。



そのシーワールドエリアと供用開始済エリアの境界ゾーンの様子です。



まだシーワールドのアクアライブ棟以東は立ち入りが規制されており、外構工事が続いています。公衆トイレ前には新たに園内マップが設置されました。



ポップなデザインの園内マップです。須磨海浜公園の英名はSuma Seaside Parkと命名されています。



園内マップには、この須磨海浜公園内にも新たは「BE KOBE」のモニュメントが設置される広場が整備される旨が記載されています。その名も「BE KOBEひろば」。垂水のマリンピア神戸にもモニュメントの設置が計画されており、市内の主要観光地には軒並み設置される事になってきました。



今後、神戸須磨シーワールドが開業するまでの10ヶ月間は、松の杜ヴィレッジが須磨エリアの賑わいを牽引していく事になります。次回は家族を連れて、いずれかのにぎわい施設で食事を楽しみたいと思います。
関連記事
須磨水族園

須磨海浜水族園・国民宿舎須磨荘解体撤去他工事 本館棟以外の更地化が進む建築計画のお知らせも掲示!

2021年10月25日
こべるん ~変化していく神戸~
5月に既存の須磨水族園・国民宿舎しーぱる須磨の解体工事が始まった模様をお伝えしてから早5ヶ月。須磨シーワールドへの転換へ向けて営業中 …
須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 須磨海浜公園再整備工事 立ち上がってきた各施設の地上躯体

2023年1月12日
こべるん ~変化していく神戸~
来春の開業を予定している神戸須磨シーワールド。残り1年3ヶ月程の工期となり、建設されている各施設の地上部躯体工事の進捗が目を見張るまでに …
須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 須磨海浜公園再整備工事 施設躯体工事も進み、いよいよ駐車場棟の建築も開始

2022年9月7日
こべるん ~変化していく神戸~
再来年のグランドオープンに向けて大規模な開発工事が進む須磨水族園及び海浜公園。各施設の地上躯体工事が進んでおり、徐々に建物の形状が形 …
須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 須磨海浜公園再整備工事 ホテル棟の地上躯体構築が進む・駐車場棟鉄骨建方完了

2023年1月9日
こべるん ~変化していく神戸~
年が明けていよいよ来年の開業が迫る須磨海浜公園内で建設中の神戸須磨シーワールド。その敷地の東側で鴻池組が施工している「神戸須磨シーワ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です