雲井通5・6丁目再開発

雲井通6丁目北地区市街地再開発の事業協力者が決定!なんとあのスーパーゼネコン



バスターミナルII期ビルとして、現在、目下、大規模建設工事が進む雲井通5丁目再開発地区に続いて、再開発ビルの建設を計画する雲井通6丁目北地区では、今年7月に雲井通6丁目北地区市街地再開発準備組合が設立されました。

その後、事業協力者を選定する公募を開始し、今冬にこれを決定する予定でしたが、11月末日に開催された組合総会で、協力者を決定しました。



事業協力者に選ばれたのは竹中工務店。I期ビルの雲井通5丁目計画の施工を推進する大林組でもなければ、三菱地所のような不動産デベロッパーも存在せず、大手とは言えゼネコン1社というのは意外でした。

竹中工務店は一体どんな提案を行なったのでしょうか。これまでにII期ビルについて決定している機能は神戸市が設ける中ホールとバスターミナルのみです。

bustasannomiya-10.jpg

竹中工務店と言えば、中・長距離バス乗降場の集約にかかる基本計画アドバイザー公募で、森ビル都市企画を代表企業とするコンソーシアムに参加し、上記の事業案を提出しましたが、三菱地所を代表としたコンソーシアム案に敗れました。そしてI期ビルはそのまま同企業グループが事業協力者に決定したのは周知の事実です。

竹中工務店はスーパーゼネコンですが、設計や施工のみに留まらず、まちづくりの事業主体として参画するデベロッパーの役割も担うようになっています。またコンサルタントとして、アール・アイ・エーも参加するようです。これまた上記提案のメンバーだった企業です。



II期ビルの基壇部については、坂茂氏のデザインした竹籠をモチーフとしたI期ビルと共通した外装を統一して纏うのではないかと思われます。I期ビルよりも駅前に立地する為、より充実した商業機能の付与を行う事も考えられますが、最も気になるのは、高層棟部分の用途です。森ビル案のII期ビルには、観光、産業、生活(居住)というキーワードが並んでいました。観光はホテル、産業はオフィス、生活は住宅を意味すると考えられますが、ミクストユースを基軸とした高層ビルとなるのか。また高さや規模、そしてデザインについてもどのようにまとめられているのか。三菱地所案では、ツインタワーの中でも高さは統一されずにII期ビルは少し背が低い設定でしたが、I期ビルと同等規模となる本当のツインタワーになって欲しいと期待しています。来年度中の都市計画決定を目指しています。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 バスターミナル運営権のコンセッション導入手続を開始

2024年1月29日
こべるん ~変化していく神戸~
ビル本体の建設工事と既存建物の解体撤去工事が敷地内で同時進行している神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。2027年12月 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 最新図面から読み解く再開発ビルの詳細 Part1

2024年1月9日
こべるん ~変化していく神戸~
昨年9月に起工式を執り行い、現在既にビル本体の建設工事が進行中の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。昨年末に、再開発ビル …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目第一種市街地再開発事業 サンパルの解体は5月以降に着手予定!街区内で先陣を切る!?

2022年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ2022年度に始動する雲井通5丁目市街地第一種再開発事業。都心の駅前に立地する約0.8ヘクタールの敷地に存在する再開発ビルや公共 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 解体工事から新築工事にいよいよ移行中か

2023年12月8日
こべるん ~変化していく神戸~
大規模な建設工事が進行中の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。仮囲いに掲げられた工事名称も解体工事と新築工事の双方が明示 …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5・6丁目再開発 三宮バスターミナルビルの事業協力者の優先交渉権者に三菱地所グループが決定!

2018年9月12日
こべるん ~変化していく神戸~
遂に来ました!雲井通5丁目地区再開発会社及び神戸市はプレスリリースにて同地区の再開発事業の民間事業協力者優先交渉権者に、三菱地所を代表とする …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 残る工期3ヶ月で既存建物消滅のカウントダウン開始

2023年4月13日
こべるん ~変化していく神戸~
7月からビル本体の建設工事に着手する為、解体工事は残り3ヶ月となった雲井通5丁目再開発プロジェクト。最後に解体を開始した旧中央区総合庁舎 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 公開された図面から読み解くバスターミナルI期ビル その2(平面図)

2022年11月15日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目再開発株式会社が発表したバスターミナルI期ビルの概要に示された図面に基づく深読みその2は平面図です。立面図や断面図では分 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 勤労会館の解体撤去工事開始 全体街区の解体準備整う

2022年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目の再開発始動に伴い、閉館した神戸市勤労会館の解体撤去工事も開始されました。建物を足場と防音パネルで覆い始めています。  …

POSTED COMMENT

  1. いかなごん より:

    この際2棟のホテルも参加してくれれば、歩行者デッキと繋がって回遊性がもっと向上しますし、1フロアが南北に約100mの広い床面積ができるだけにとても惜しいです。もともとツインタワー構想なのに、2期ビルの高さが低い予想図になってるのがよくわからないですよね。低くても高さ150m級の高層ビルを期待したいです。

  2. トライ より:

    駅ビルと合わせて3棟が約160mで揃わないかなと思っているのですが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です