雲井通5・6丁目再開発

神戸市文化スポーツ局が文化大ホールと三宮図書館の移転とその概要について発表 雲井通5丁目バスターミナルI期ビル



神戸市文化スポーツ局は、雲井通5丁目で建設の進むバスターミナルI期ビル内に整備する文化ホール及び三宮図書館についての概要を突如、発表しました。



この地にあった旧中央区総合庁舎内の三宮図書館は現在、神戸クリエイティブデザインセンターに仮移転していますが、再開発ビルの10階に再度、開館する予定です。新図書館は屋上庭園に面した南北に細長いフロアとなります。



ビル全体のデザインコンセプトは建築家・坂茂氏が手掛けており、三宮図書館もビル基壇部におけるデザインの要となる竹籠をモチーフとしたアーチ状屋根が特徴となっており、籠状の意匠に包まれた空間とします。

「世界一美しい図書館」を目指すとしていましたが、図書館自体のコンセプトは「美しい知と情報のゲートウェイ」。11万冊の蔵書と美しい空間、屋上庭園に面する恵まれた環境が提供されます。





同じ10階には飲食店が出店する区画も設けられる予定(平面図のブルーの部分)ですので、図書館、屋上庭園、カフェの3点セットで落ち着けるフロアになりそうです。



大ホールは、既存の大倉山にある文化ホールの機能を代替するもので、約1,800席を確保。す芸術文化創造拠点」。オペラ、ミュージカル、バレエ、オーケストラなどの本格的な舞台芸術の上演に加え、講演会・式典等にも活用が見込まれます。



更に区民ホールとして集会等にも利用でき、本格的な舞台芸術作品の上演にも対応可能な約270席の小ホールも建物内に整備されます。

将来的には雲井通6丁目北地区の再開発ビルに中ホールの整備も計画されている事から大中小までのホールがバスターミナルビル内に勢揃いします。



大ホールのホワイエは非常に大きな吹き抜け空間とし、それを囲うようにカフェや自由な発想で使用できる空間も設けられる予定です。



文化スポーツ局が、まだ再開発ビルの完成までに3年以上を要するこのタイミングで、大小ホールと三宮図書館に関する発表を行った意図は何でしょうか。大阪・梅田のうめきた再開発エリアがいよいよ街開きを控え、話題を集める中で、三宮でも再整備・再開発が進んでいる事をアピールする狙いでしょうか。

いずれにせよ整備される公共施設の具体的なイメージが初めて示された事は大きな意義を持ったと言えるでしょう。国の整備するバスターミナルについても具体的なイメージを発表して欲しいものです。先月から開始されたバスターミナル整備をPFI方式で進める為の民間事業者の募集によって、来春には優先交渉権者が決定する事から、この選定が決まった段階で、イメージが示されるのではないかとと思われます。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 国土交通省庁が保有しコンセッションで民間事業者が整備・運用するバスターミナル

2024年5月31日
こべるん ~変化していく神戸~
先週、神戸市より建物内に整備される三宮図書館や大小の文化ホールのイメージが発表されたばかりの雲井通5丁目再開発バスターミナルI期ビル …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 起工式開催後の現場 工事名称の看板は切り替えられた?

2023年9月15日
こべるん ~変化していく神戸~
先週木曜日に大々的な起工式が開催され、兵庫県、神戸市、三菱地所、大林組等、関係者約180名が出席する大規模な式となった模様で、このプ …
雲井通5・6丁目再開発

今年5月にバスターミナルビルの再開発会社設立

2018年2月10日
こべるん ~変化していく神戸~
今年の5月にバスターミナルI期ビルの事業者となる再開発会社を設立する方針を神戸市が固めたと神戸新聞が報じました。株式会社で株式の半分を神戸市、神戸すまいづくり公社が15%、兵庫県が …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 最上部のインフィニティプールを全国区の施設へと盛り上げたい

2024年6月14日
こべるん ~変化していく神戸~
JR新駅ビルと共に三宮の新ランドマークとなる雲井通5丁目のバスターミナルビル。再開発で大きく生まれ変わる街として注目を浴びています。 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 公開された図面から読み解くバスターミナルI期ビル その1(立面図・断面図)

2022年11月14日
こべるん ~変化していく神戸~
街区内の既存建物解体を本格解体している神戸三宮雲井通5丁目再開発事業。事業を進める雲井通5丁目再開発会社がその概要を発表し、建物の詳 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 勤労会館は完全消滅 サンパルや東横INNも半分の規模に縮小

2023年3月18日
こべるん ~変化していく神戸~
サンパルを皮切りに街区内の既存建物解体撤去が開始されてから約10ヶ月が経過した神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の事業地 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮駅前空間整備事業計画検討会第2回会合で判明したバスターミナル検討案についての一部詳細

2020年1月4日
こべるん ~変化していく神戸~
国土交通省近畿事務局と神戸市は国道2号線を含む三ノ宮駅前交差点エリアの再整備構想(三宮クロススクエア構想)と雲井通5・6丁目に計画するバスタ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です